Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

アンフェア

怠惰であり、ハードワークと何もしないので、誰もが彼であることを望んでいません。時間が経つにつれて、人生は行くし、彼のために最も簡単な作業の一つを他の誰かに聞いていたしません。
男は一瞬を考え、言った:「その後、あなたはそれが真実を伝える墓地に行き、このよりもより多くの光がありません!。。」
レイジーは喜んで行きます。しかし、すぐに彼は戻って走って苦々しく言った:「!。私はやめます」
「なぜ?」
「この仕事はとても不公平である。彼らは横たわっている、男が立って私を作りましたよ!」

有個懶漢,什麼事都不肯幹,因此,誰都不願意要他。時間一長,生活過不下去了,只好求別人替他介紹一個最輕鬆的工作。
  這人考慮了一下,說:「那你就去看墳地吧!說實在的,沒有比這更輕快的了。」
  懶漢愉快地去了。但沒過多久就跑回來,並憤憤不平地說:「我不幹了!」
  「為什麼?」
  「這活兒太不公平了。他們都躺著,卻讓我一個人站著!」

生きている、実際には、多くの方法があります

あなたは彼女の医療紹介受注、医師とあまり興奮や関心を持って見たとき、ちょうど定期点検の手配は、入院やベール会談を固定してください。
会談3:50まで毎週火曜日15:00一定時間でした。彼女はその後、おずおずと頭を下げ、彼女はほとんどもう少しを閲覧できなかった、真剣かつ高貴なフェンスで囲まれそびえ立つ本棚ポイントがある、医師のオフィスに全く奇妙な環境を歩きました。
彼女の医療記録に説明したように:内気、内向的、極端な難易度、重度の自閉症と話すこと、防衛変装ファンタジーや妄想を疑います。
それは彼の頭を掛けとささやいた、またはあなたが少し脂肪頬を見ることができているが、明確なそばかすがあります。彼女が移動した場合、医師の新しい会議の開口部は、調整の問題は後に尋ねました。彼女は彼女の頭を垂れ、スズメ、一般的に小さな声を横に振った、単に答え:いいえ。
数日後、医師は、彼女のために非常に簡単に話を書くよりも、元の表現をすることをを発見しました。彼は、彼女は、任意の便利な紙で任意のテキストを書き留めランダム考え、ランダムなスタートを書くために彼女に尋ねました。
彼女のストロークはほとんど一緒に混雑しひるむ、非常にスリムです。読んで誰にもはっきりと平均識別するために、少しの努力です。特に、彼女は言葉を使用し、非常に敏感であり、それはあまりにも抽象的表現とすることができ、また、非常に詩的であると言うことができます。
その後、医師は彼女の成長を知ってもらいます。彼女は深刻な道徳的な村に恐らくは苦しい生活のため、誰もが非常に強力かつ実行可能である、そこに育っています。
彼女は、対照的に、家庭での非常に臆病な減少である、とさえかなり簡単に出て行かないだろう笑われる育ちました。彼女の父親の前では、多くの場合、将来的に発生した、またはいくつかのしつこいので、どのように直接子供が正常でないと言うことができることを心配してため息をつきます。
正常ではない?彼女はを聴いて育った、と徐々に私は彼が正常ではないと信じています。小学校のキャンパスでは、学生が簡単になることができ、友人とのチャット、そして彼女が話す方法を知らないかもしれない、付き合うたかったです。彼女の家族はあまり話がでない場合、学校での前に、そして、言語の彼女の発音を決めたようだなどが深刻な問題を抱えています。家族はため息や批判取り、そして彼女のより多くのチャットを考えたことはありません。学齢期になるように、彼女はほとんどせせらぎや程度、コントラストによってより不慣れな環境に送られ、学生ました。彼女は本当に正常ではない、望んでいました。
後に、特別な学校にするだけでなく、うつ病と診断され、最年少すると、医師は彼女に自閉症の診断を行いました。脆弱な神経がついに崩壊後に、彼女は長期老人ホーム、統合失調症の診断のほかに入院しました。
そして彼女は、同じ恐怖軽減されていない、またそれは暗黙のうちに奇妙な治療のすべての種類を受け入れ、増加しました。
両親は彼女の存在を忘れてしまったように見えます。最初に、また訪問する毎月のすべての方法は、さえ半年後に一度来ませんでした。 、最初から子供のように4人の兄弟姉妹はいつも父親の自転車の音を聞いて、それだけでお父さんオフ絡み合いが不足します。パパは遠く戻って飛んで、だけでなく、簡単に彼のポケットから粗い黒飴の塊を変更する二輪に乗ってから、魔術師でした。しかし、時には十分ではない点は、常に彼女がに伸ばし、最終的には立つが、それは無駄でした。
自宅から学校に、学校から仕事に、彼女はサークルから独立しています。落ち込んで、自殺念慮と心が定着し、もつれまでは行きません。彼女は彼の最も賞賛先生に手紙を書きました。
私たちは、彼女はいくつかの奇妙な言葉で最も耐え難い感情のいくつかを記述するために、常に些細な奇妙な男、だと思うので、それが理解できないと同定されました。家族は彼女の考えを理解していなかった、学生は心が彼女を訪問するために彼の医者の友人を召喚ようにしても彼らの最も賞賛教師の先入観で、ナンセンスと妄想のちょうど束を考える、ということを理解していません。彼女は精神病院に入院した理由です。
いくつかの時代遅れの雑誌と病院の家具は、寄付さコミュニティの善意の人々です。いくつかは、どのようにどのような女性であるためには、テーラーを調理する人を教え、ハリウッドの映画スターの幸せな生活の一部についていくつかの話、他のものは、いくつかの詩や小説を書くことは難解です。いくつかは、彼女自身が好き、だけでなく、病院での損失と退屈な、単にペンに提出をピックアップします。
私も公表一流文芸誌では、学校や病院での自宅にあるもの、常に考慮理解不能な言葉を期待していませんでした。
少し恥ずかしい元病院の医師は、迅速に、より積極的な治療の一部を取り出し、彼女は慎重に区別し、この会話に耳を傾けるようになったかどうか任意のメタファーやシンボルを逃しました。家族は少し誇りに感じて、私は突然、このような娘がいたが、自宅で自分自身を発見しました。でも、旧市街の隣人は、Q信じられないほどです:今年は、それが文学の作家のためのこの偉大な賞を得たことを不思議な少女ですか?
彼女は病院を去り、そして海外の奨学金に頼るによります。
彼女は精神医学の最も有名なMaudsly病院レポートに自分の医療記録のイニシアチブで、英国に来ました。このように、交渉を固定する工程では、無意識のうちに2年、英国の精神科医は慎重に病気ではないことを証明する診断書をオープンしました。
その年、彼女が34歳でした。
ただ、子供の頃から始まっているので、彼女の外見は彼女に深いマークをマークする、いわゆる「正常でない」、社会人の規制要件を満たしていません。
社会の人々は決して合理的または科学的想像しなかったが、独善的な要件一貫性の標準です。どれがノルムを逃れる例外が強制送還されたとして、それが却下されました。そして、幼児期や青年期の直面している社会的集団拒否で、それだけで人生の完全異常な方法を開発することです。このように、主流社会の目には、彼らは通常ではありません。
ストーリーは、実行していき、これらの人々は本当に社会のすべてのコーナーが正常か問題のある人でないとなっています。ほんの数幸運なもの、遅延が中年機会に拡張、それが最終的に受け入れられ、確認されたが。
これは、ニュージーランドの作家ジェーン・ナイトフランク本当の話、4〜5年での話です。彼女はまた、作成するために精力的に働いていた、今日はよくニュージーランドの最大の作家として認識され、まだ生きています。

看見她自己帶來的醫療轉介單時,這位醫師並沒有太大的興奮或注意,只是例行地安排應有的住院檢查和固定會談罷了。
  會談是固定時間的,每星期二的下午3點到3點50分。她走進醫師的辦公室,一個全然陌生的環境,還有高聳的書架分圍起來的嚴肅和崇高,她幾乎不敢稍多瀏覽,就羞怯地低下了頭。
  就像她的醫療記錄上描述的:害羞、極端內向、交談困難、有嚴重自閉傾向,懷疑有防衛掩飾的幻想或妄想。
  雖然是低低垂下頭了,還是可以看見稍胖的雙頰還有明顯的雀斑。這位新見面的醫師開口了,問起她遷居以後是否適應困難。她搖搖低垂的頭,麻雀一般細微的聲音,簡單地回答:沒有。
  後來的日子裡,這位醫師才發現對她而言,原來書寫的表達遠比交談容易許多了。他要求她開始隨意寫寫,隨意在任何方便的紙上寫下任何她想到的文字。
  她的筆畫很纖細,幾乎是畏縮地擠在一起的。任何人閱讀時都是要稍稍費力,才能清楚辨別其中的意思。尤其她的用字,十分敏銳,可以說表達能力太抽像了,也可以說是十分詩意。
  後來醫師慢慢瞭解了她的成長。原來她是在一個道德嚴謹的村落長大,在那裡,也許是生活艱苦的緣故,每一個人都顯得十分的強悍而有生命力。
  她卻恰恰相反,從小在家裡就是極端怯縮,甚至寧可被嘲笑也不敢輕易出門。父親經常在她面前歎氣,擔心日後可能的遭遇,或是一些嘮叨,直接就說這個孩子怎會這麼的不正常。
  不正常?她從小聽著,也漸漸相信自己是不正常了。在小學的校園裡,同學們很容易地就成為可以聊天的朋友了,而她也很想打成一片,可就不知道怎麼開口。以前沒上學時,家人是少和她交談的,似乎認定了她的語言或發音之類的有著嚴重的問題。家人只是歎氣或批評,從來就沒有想到和她多聊幾句。於是入學年齡到了,她又被送去一個更陌生的環境,和同學相比之下,幾乎還是牙牙學語的程度。她想,她真的是不正常了。
  最年幼時,醫生給她的診斷是自閉症;後來,到了專校了,也有診斷為憂鬱症的。到了後來,脆弱的神經終於崩潰了,她住進了長期療養院,又多了一個精神分裂症的診斷。
  而她也一樣惶恐,沒減輕,也不曾增加,默默地接受各種奇奇怪怪的治療。
  父母似乎忘記了她的存在。最初,還每月千里迢迢地來探望,後來連半年也不來一次了。就像從小時候開始,4個兄弟姐妹總是聽到爸爸的腳踏車聲,就會跑出糾纏剛剛下班的爸爸。爸爸是個魔術師,從遠方騎著兩個輪子就飛奔回來了,順手還從黑口袋裡變出大塊的粗糙糖果。只是,有時不夠分,總是站在最後的她伸出手來,卻是落空了。
  從家裡到學校,從上學到上班,她都獨立於圈圈之外。直到一次沮喪,自殺的念頭又盤踞心頭而糾纏不去了。她寫了一封信給自己最崇拜的老師。
  既然大家覺得她是個奇怪的人,總是用一些奇怪的字眼來描述一些極其瑣碎不堪的情緒,也就被認定是不知所云了。家人聽不懂她的想法,同學也搞不清楚,即使是自己最崇拜的老師也先入為主地認為只是一堆囈語與妄想,就好心地召來自己的醫生朋友來探望她。這就是她住進精神病院的原因。
  醫院裡擺設著一些過期的雜誌,是社會上善心人士捐贈的。有的是教人如何烹飪裁縫,如何成為淑女的;有的談一些好萊塢影歌星的幸福生活;有的則是寫一些深奧的詩詞或小說。她自己有些喜歡,在醫院裡又茫然而無聊,索性就提筆投稿了。
  沒想到那些在家裡、在學校或在醫院裡,總是被視為不知所云的文字,竟然在一流的文學雜誌刊出了。
  原來醫院的醫師有些尷尬,趕快取消了一些較有侵犯性的治療方法,開始豎起耳朵聽她的談話,仔細分辨是否錯過了任何的暗喻或象徵。家人覺得有些得意,也忽然才發現自己家裡原來還有這樣一位女兒。甚至舊日小鎮的鄰居都不可置信地問:難道得了這個偉大的文學獎的作家,就是當年那個古怪的小女孩?
  她出院了,並且依憑著獎學金出國了。
  她來到英國,帶著自己的醫療病歷主動到精神醫學最著名的Maudsly醫院報到。就這樣,在固定的會談過程中,不知不覺地過了兩年,英國精神科醫師才慎重地開了一張證明沒病的診斷書。
  那一年,她已經34歲了。
  只因為從童年開始,她的模樣就不符合社會對一個人的規範要求,所謂「不正常」的烙印也就深深地標示在她身上了。
  而人們的社會從來都沒有想像中的理性或科學,反而是自以為是地要求一致的標準。任何逸出常態的,也就被斥為異常而遭驅逐。而早早就面臨社會集體拒絕的童年和少年階段,更是只能發展出一套全然不尋常的生存方式。於是,在主流社會的眼光中,他們更不正常了。
  故事繼續演繹,果真這些人都成為社會各個角落的不正常或問題人物了。只有少數的幸運者,雖然遲遲延到中年之際,但終於被接納和肯定了。
  這是新西蘭女作家簡奈特·弗蘭的真實故事,發生在四五十年代的故事。她現在還活著,還孜孜不倦地創作,是眾所公認當今新西蘭最偉大的作家。
Author :王浩威   Provenance :台港文學選刊

 

 

この動物は人と呼ばれます

人々は2脚と2つの信念を持っています。状況は、彼が信仰のようなものを持っている信念、悪い状況を持って、良いです。宗教と呼ばれるこの後者の信念。
人々は不滅の魂があり、脊椎動物であり、そこに祖国はあるので、彼はあまりにも傲慢ではありません。
人間は自然な方法によって生成されたが、これは彼が自然ではないと考えている自然な方法であり、それについて話をしたくないです。彼は出て生まれて、誰も生まれていない彼に尋ねませんでした。
兵士たちは、人間の死は、科学、文化、芸術の新たなレベルに跳躍することができます鉱夫の鉱山労働者の死の利益を増やすことができ、株価を上げることができる殺されたので、男は、有用な生物学的です。
繁殖と食べて、外飲みする人間の本能に加えて、2つの習慣があります。ノイズは、他の人に聴いに注意を払っていない作り。人々は、単に他の生き物を聞いたことがないように定義することができます。あなたが賢明であれば、彼はそうする権利だった:彼はめったに賢明な言葉を聞いたので。コミットメント、お世辞、賞賛と賞賛:人々はあるに聴くのが好き。あなたがお世辞の言葉を言うとき、あなたは同様にあなたが言うと、その後3点誇張を作りたい言葉を入れてあります。
人々は同じ種のために要求されているので、彼は規制を発明しました。彼はもちろん、他の人ができないこと、行うことはできません。
人を信頼するには、より良い彼の背中に乗るだろう。あなたは彼にこの時間を押した非常に少なくとも、あなたは彼が逃げないと確信しています。一部の人々はまた、文字を依存しています。
人の2種類に分け:
男性は思考のようなものを望んでいない、女性のようなものは考えていません。これらの二人は、いわゆる感情を持っている:感が最も安全な方法は、身体の一部の敏感な部分を動員することで持ち上げました。この状況は、一部の人が歌詞を分泌させます。
人々は肉を食べていると野菜は、生物学的であり、彼らは時々、自分のようなものを食べて、途中で北極の冒険;しかし彼らはこれらすべてがファシストオフセットました。
男は政治的な生き物で、彼の人生を過ごすために好きなグループを積ま。束は、それが他のであるから、他のスタックグループを嫌って、それが自分であるため、その山を憎みます。この後者の憎しみは愛国心と呼ばれています。
誰もが、肝臓、脾臓、肺および旗を持っている、すべてのこれらの器官が不可欠です。それには、肝臓、脾臓なし、肺の半分だけの男が存在しないと言われて、しかし何のフラグ人はいないではありません。
闘牛、犯罪、スポーツと正義:行動弱い繁殖は、その後、人々は様々なトリックを考え出すだろう。
フレンドリーでない人、そして何人かの人々が唯一のルールと支配しました。しかし、彼は反体制派の半分の奴隷だったので、彼の人々を支配する、まだできていない残りの半分は、電力の習慣を持っているよりも、常に強いです。誰もが彼自身の男性が敗北です。
彼は死の後に何が起こるかわからないので、人々は、死ぬことが好きではありません。でも、彼は死の後に何が起こるか知っていると思っていた、彼はまだ死にたい、またしばらく長い老朽化したボディのためのサポートをしたいです。彼はしばらくの間、実際にその「永遠」の手段があることを述べました。
また、人々はまだ生き物です:最初に、ドアの前にドアをノック悪い音楽を入れて、彼の犬が吠えてみましょう。時々、人々は落ち着いますが、その後で、彼はすでに死んでいました。

人有兩條腿和兩個信仰。境況好的時候,他有一種信仰,境況不好的時候他又有一種信仰。這後一種信仰就叫宗教。
  人是脊椎動物,有一顆不朽的靈魂;還有一個祖國,以使他不至於太狂妄。
  人是通過自然的方式產生的,然而這種自然的方式卻被他認為是不自然的,並且不願意談及它。他被生了出來,可是並沒有人問他要不要被生出來。
  人是一種有用的生物,因為士兵的陣亡可以抬高股票價格,礦工的死亡可以提高礦主的利潤,人的死亡可以讓科學、文化、藝術躍上一個新台階。
  人除了繁衍後代和吃喝的本能以外,還有兩種癖好:製造噪音,不注意聽別人說話。人簡直可以被界定為一種從不聽別人說話的生物。如果是智者的話,那他這樣做是對的:因為他所聽到的很少是明智的話。人很喜歡聽的是:承諾,諂媚,讚許和誇獎。當你說諂媚話的時候,不妨把你想要說的話再作三分誇張。
  人對同種是苛刻的,所以他發明了法規。他自己不能做的事,其他人也當然不能做。
  要想信任一個人,你最好騎在他背上;最起碼在你壓在他身上的這段時間裡,你是有把握他不會跑開的。有的人也信賴品德。
  人分成兩種:
  男的那種不願意思考,女的那種不會思考。這兩種人都有所謂的感覺:撩起這種感覺的最保險方式是調動人體的某些敏感部位。這種情形又讓一些人分泌出抒情詩。
  人是葷素皆食的生物;在北極探險的途中他們有時也吃自己的同類;但法西斯把這一切又都給抵消了。
  人是一種政治性的生物,最喜歡堆成團度過他的一生。任何一堆都痛恨其他的堆群,因為那是其他的;但又恨自己的這堆,因為那是自己的。這後一種憎恨被稱為愛國主義。
  每個人都有一個肝,一個脾,一個肺和一面國旗;所有這些器官都是缺一不可的。據說有沒有肝、沒有脾、只有半個肺的人;可是沒有國旗的人是沒有的。
  繁衍行為微弱的話,人就會想出各種招術:鬥牛,犯罪,運動和司法。
  友好相處的人是沒有的,有的只是統治與被統治的人。不過還沒有能統治自己的人,因為他身上持不同政見的奴性的一半總是比有掌權癖好的另一半強大。每個人都是自己手下的敗將。
  人是不喜歡死去的,因為他不知道死了以後還會發生什麼事。即使他自以為已經知道死後將會發生什麼,他還是不想死,還想讓老朽的軀體再支撐一陣子。說是一陣子,實際有那麼點「永恆」的意思。
  另外,人還是這樣一種生物:進門之前首先敲門,放糟糕的音樂,讓他的狗亂叫。人有時候也會安靜下來,但那時他已經死了。Author :圖霍爾斯基    Provenance :青年報刊世界

 

仏教のパンチライン

プロセスでは、私は地元の風景風景をたくさん見て、サインインブックに荊州、湖北省と浙江省温州読者に行ってきました。私Pimoの兄とのハングは、仏教の信者だった、見るために寺を入力して、私が影響を受けたが、また、寺院の礼拝の前に静かに立つ、態度は非常に敬虔であるだろう。荊州注意皮肉の仏教寺院は、あなたが人生を振り返り、熟考することができ、20でした。
一つの仏教パンチライン:生活の中で最大の富は健康です。誰もがこの言葉を知っているが、しかし本当に理解するだけでなく、使いやすいです。すべての回で人々を見て、または名前で混乱し、またはそれによって利益のために、または公式の周りに実行するために、または愛と欲求不満のため。名前、リー、呂、愛は、人生の最高の追求と考えたが、私は人生だけで、自分の健康の最大の富を知りません。私はすべてがクソ喜び、金の宝石類である金の山、山内に、お金grubberの小説の守銭奴を書いて覚えています。それは確かに悲しいではないだろうが、飽くことのない、そして最後に、出てくるので、ゴールドヒルにいくつかの骨を離れることができない金の山に?これは健康が人生で最も価値のある、だけでなく、最大の財産であることを示しています。心の内の1人の考えた場合、どのような名声と富を読み取り、非三分のは、あなたが無駄に来ることができるしたいと思います。
仏教のパンチライン2:最も悲惨な人生は嫉妬です。嫉妬は、生活の中で物事に遭遇する可能性が最も高い、リ・シ嫉妬同級生韓非が秦韓非の王を入力するために中傷が刑務所で死亡した原因である。サン・ビンパン・ホアンが自分より知識の嫉妬、サン・ビン致命的なトラップ、サン・ビン障害で囲ま。名言の仏教の悟りについては、リ・シ、パン・ホアンは非常に貧しい人々、彼らは時間のために成功するためにも陰謀が、最終的にはないホスピスです。嫉妬は病気、嫉妬の疾患に罹患している人、彼の人生がない平和です。彼らは今日の自分よりも、誰かが、明日は誰かが彼の前を歩いて心配恐れている、彼は病的な貧困層の種類に彼の人生を費やして、逆に、成功した大人の本当の歴史は、羨望は恥ずべきであるあります。ノーザン・ソング欧陽脩は文学的リーダーである、彼はエピジェネティックス・ドングポー引くための知識を持っていた、誰かが欧陽脩になります言った:「ス・ドングポー非常に有能な、公共の知識はこの人を引っ張っている場合、私は10年後、世界の人々が唯一のス・ドングポー秀を知っていたし、私にはわからないんです。」しかし、欧陽脩笑って、まだ蘇東坡を促進しました。欧陽脩は、より多くの子孫を尊敬します。ス・ドングポーさらに多くの感謝の気持ちを目立つした後、彼は古くから動いていた、欧陽脩のお悔やみのために書きました。
仏教の三つのパンチライン:最大の敵は自分自身です。この発言は、最も重要です。人間の人生は常に、このような不正、不正、悪役としていくつかの敵を、遭遇する、などYiguanqinshouが極端に不愉快な信者が、透けて見える、ごみの山以外の何ものでもありません。最大の敵の一つは、人そのものです。人も無敵アップ、征服、自分自身を克服することができます。自分の病気を恐れて、わからない、物事の躊躇、または自分自身を過大評価し、これ傲慢;等の過度の崇拝、ため、低自尊心。一度イデオロギーの面で飛躍を持って、自分自身を克服し、人生は新しいページを開きます。
仏教のパンチライン4:人生で最大幸福を手放すことです。人生の態度の男は、それを置く、勇気のようなものを取る余裕が寛大です。 NPCの世俗的な経験を持つ人生の道路上の花、拍手は、軽く撮影することができますについては、風や雨からの多くの時間がもっと自己認識しました。普通、ラフや泥がそれを表示できるようにするためにしかし、それはあまり簡単です。ビッグ不満や大災害が、これは寛大で、公然とそれを負担し、それによって移動することはできません。非常に高いレベルの一種である喜び、のためのもののだるま世界に仏教。彼らは、のセキュリティが切り離され、来るが、これは分離され、それが規律を開発するために何年もかかります。手頃な価格の取得、実際には、貴重な、それは人生のライフスキルの真の意味で、それを置きます。
これらは、私は十分に誰もがあなたの一生と思い、わずか4仏教のパンチラインです。健康であることをまとめるために、地球にダウン、自分自身を克服し、嫉妬を放棄します。そのような人は、病気の品種ではない、心配する必要はありません。ヒト疾患、両方の病理は、ヒトの健康にとってより重要である心理的側面もあります。心理的な逆境に耐える能力と、病気で、無病として病気になって、彼らと穏やかな、正確に処理することができます。仏教の機知に富んだ、誠実な言葉は、私たちに多くの貴重なインスピレーション死すああを与えます!

在我到湖北荊州與浙江溫州去為讀者簽名售書的過程中,觀賞了許多當地的山水勝景。與我同行的洪丕謨兄,是位佛家信徒,見廟必進,我受其影響,也在佛寺前默立跪拜,態度十分虔誠。在荊州某寺院得佛學警世妙語20條,大可玩味,反省人生。
  佛家妙語之一:人生最大的財富是健康。此語雖人人皆知,但要真正領悟,又非易事。試看古今中外之人,或為名所惑,或為利所動,或為官而奔波,或為愛情而苦惱。把名、利、祿、情,視為人生的最高追求,卻不知人生最大的財富只是自身的健康。記得有篇小說寫一個愛財如命的財迷,進了一座黃金山,山內皆是黃金珠寶,大喜若狂。但因貪得無厭,終於陷入黃金山而無法出來,於是黃金山中留下幾根白骨,豈不悲哉?由此可見,健康是最寶貴的,也是人生最大的財富。如果一個人想通了這一點,那麼什麼名利之念、非分之欲,都可化為烏有。
  佛家妙語之二:人生最可憐的是嫉妒。嫉妒是人生最容易碰到的事,李斯因嫉妒同學韓非的才能,向秦王進讒言而致韓非死在獄中;龐涓因嫉妒孫臏的學識超過自己,用毒計陷害孫臏,使孫臏致殘。如以佛家妙語悟之,李斯、龐涓都是極可憐的人,他們縱然陰謀得逞於一時,但最後都不得善終。嫉妒是一種病,患嫉妒病的人,一生都不得安寧。他們今天害怕某人超過自己,明天又擔心某人走在他前頭,他終日生活在一種可憐的病態之中;相反,歷史上真正功成名就的人,都以嫉妒為可恥。歐陽修是北宋文壇領袖,他當年識拔後生蘇東坡,有人便對歐陽修說:「蘇東坡才情極富,若公識拔此人,只怕十年之後,天下人只知蘇東坡而不知歐陽修。」但歐陽修一笑了之,依舊提拔蘇東坡。後人更加崇敬歐陽修。蘇東坡脫穎而出後,更是感恩在心,他為歐陽修寫的悼文,名動千古。
  佛家妙語之三:人生最大的敵人是自己。此話最為重要。人的一生總會遇到一些敵人,如流氓、無賴、小人,此等衣冠禽獸之徒可惡之極,但看穿了,也無非是一堆垃圾。人最大的敵人,還是人自己。一個人能戰勝自己,也就攻無不克、戰無不勝了。怕的是自己患了病,茫然不知,處事猶豫不決,或過高地估價自己,由此而自大;或過分地崇拜他人,由此而自卑。一旦戰勝自己,也就在思想上有了一個飛躍,人生會打開新的一頁。
  佛家妙語之四:人生最大的幸福是放得下。一個人在處世中,拿得起是一種勇氣,放得下是一種肚量。對於人生道路上的鮮花、鼓掌,有處世經驗的人大都能等閒視之,屢經風雨的人更有自知之明。但對於坎坷與泥濘,能以平常心視之,就非容易。大的挫折與大的災難,能不為之所動,能坦然承受之,這就是一種肚量。佛家以大肚能容天下之事為樂事,這便是一種極高的境界。既來之,則安之,便是一種超脫,但這種超脫又需多年磨練才能養成。拿得起,實為可貴,放得下,才是人生處世之真諦。
  僅以上四條佛家妙語,我以為足夠每個人受用終生。歸納起來說,便是擁有健康、拋棄嫉妒、戰勝自己、腳踏實地。這樣做人,便不會有煩惱,不會疾病滋生。人的疾病,既有病理方面,也有心理方面的,後者對人的健康更為重要。心理上有了承受逆境的能力,有了病,也能正確對待,坦然處之,變有病為無病。佛家妙語,精誠之言,給我們凡夫俗子多少可貴的啟示呀!
Author :曹正文   Provenance :大眾生活

 

他の人に光

「ブラインドランタンは、」これは冗談で、物事を行うための余分なものを完全に役に立たない脳を、やりたい人を指します。最近、私は友人からの新しい解釈を得ました。
友人がそう言った:いつも明るい提灯を運んで夜間に歩く盲目の人、彼の手があり、他の人は非常に好奇心を見て、彼に尋ねた:「提灯が歩いて、なぜあなたは、自分自身を見ることができませんか? "
理由は単純ですが、私は自分の道を照らすランタンないけど、他の人が簡単に私を見てみましょう、誤って私にヒットしない」ので、あなたは自分自身の安全だけでなく、同等の助けを保護することができます:その盲人は喜んで言いました自分自身。 "
私は、Jiehuaxianfoを友人の車を取る、その後、再び彼の物語で、この物語を共有するために一度。友人は非常に独自の実践的な経験を通して確証され、同意し、耳を傾けました。
第二に、それは面倒が開か必要がないことを見つけて、1日に迎えられるためにのみ閉じられ、悪いわけではないの光が、長くはない、常にトンネルに光を駆動好きではない私はトンネルを通って駆動するために使用される」:彼は言いました。トラックはほとんど殺され、正を打つ。後、私は車のライトに目が覚めたトンネルを経由し車は、他の光に暗いからであるので、他の方を見ている、視覚的な調整はしかし、避けられない、追加します車がライトをオンにしません渡っに、それはあまりにも危険です......」
あなたはどこへ行く、から来て、どこに行った世界の友人は、道路上の生命は長く、孤独で危険な歩きする方法を、常に起こり、誰もが知っています。
あなたは、他人のために道路によると、ランタンのブラインドを学ぶことができた場合だけでなく、自分自身を照明します。助け、他人の世話をする時間までの時間から、彼らはいわゆる音楽は良いですが、あなたが得るのを助けることを意味するように、これはあります。

「盲人提燈籠」本是一則笑話,指一個人做事沒用大腦想,儘是做些多此一舉的事。最近我從朋友那兒得到新詮釋。
  這位朋友是這麼說的:有一個盲人在夜晚走路時,手裡總是提著一個明亮的燈籠,別人看了很好奇,就問他:「你自己看不見,為什麼還要提燈籠走路?」
  那盲人滿心歡喜地說:「這個道理很簡單,我提燈籠並不是為自己照路,而是讓別人容易看到我,不會誤撞到我,這樣就可保護自己的安全,也等於幫助自己。」
  有一次,我搭朋友的車,就借花獻佛,再將這則故事敘述一遍與他分享。朋友聽後,頗有同感,又以自己的實際經驗加以佐證。
  他說:「以前我開車經過隧道,總是不喜歡開車燈。一來隧道不長,裡面光線還不差;二來嫌麻煩,認為實在沒有必要開開關關。不料有一天被迎面而來的大卡車撞了個正著,險些命喪黃泉。後來我才覺悟到,開車燈是給對方看的,因為車子經過隧道,對方是從亮處進入暗處,視覺難免調整不過來,加上對面來車不開燈,那實在太危險了……」
  世上的朋友,在漫漫的人生道路上,自己走路是多麼孤寂與危險,旦夕禍福,沒有人知道你從何處來,又往何處去。
  假如能學學提燈籠的盲人,為別人照路,也照亮自己。時時幫助和關懷別人,別人也就幫得到你,所謂為善至樂就是這個意思吧。Provenance :深圳晚報