Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

専用の両親は40年間結婚します

小さなホワイトハウスは行方不明の母親の後に非常に怒っていました。
ママは家族の収入を補うために最初のホワイトを買うことにしました。長い時間のためにしつこいお父さんは、多くのことを言いました。ママガスは、しかし、自分のお金で歯が購入するのに長い時間のために保存。私は実際にそれを逃れるために与えた、豚が誤ってゲートを消すのを忘れたので、数日を上げることを期待していませんでした。この自己憐憫のため数日間の悲しいママ。くそ悪い気分では、自宅で落ち着いて、私はそっと話し、お父さんけちしなければなりませんでした。
ある日、私はより一週間後より、リビングルームにキッチンで忙しい母親でした。
突然、 "ビッグバン"ビッグバン、父はドアを打つために急い。
「それは何である!見て! "お父さんの手が空中にそれを開催しました。
ママは、彼女のエプロンの上に手を拭く、彼女は顔をしかめ、台所から出てきました。
「リトルホワイトは! "私は同時に大声で母を叫びました。
お父さんがお母さんにそれの前に置く、のような信用を取る:「彼の首セットの周りにロープが、子供の近くにあるかもしれない場合、私は湖でそれを見つけ、それを戻すのに疲れて、所有者をつかまえました。」
私は、以上の豚のたわごとを取って、何度も泥の完全な彼の頭、実際に涙を撫で。
お父さんは、光が優しく彼女の肩をクラッチ、ぶっきらぼう抗平日の上に行ってきました: "。戻ってくるのが好き、あまりにも泣くことは何もありません」
くそ隠すために、彼は彼の涙を拭い、父の手から逃れるために、いくつかの赤色光に直面し、言った: "私は良い食事を見ていません。」
リビングルームと私の父は、快適にバックに対する彼の頭を残しました。
「お父さんが、残念ながら少しだけ小さすぎます。」
お父さんが突然、彼の椅子から飛び降り不信で私を見つめていました。
私は "私はあなたが古いトンに行くのを見た、昨日。"、笑いました
「おい!」お父さんは笑って、たばこのための彼のポケットに触れ、その後ダウン暴落し、自分のお金を「最終的に保存する前に、私のタバコのお金、イーストウエストはバックルバックル "配給"私はからあなたの母です」、彼の頭を横に振りました。」このブーイングは、喫煙をやめます。」
私はキッチン、ママの料理に行ってきました。
"ビッグ煙。」彼女は彼の目を拭く、スカートを持ち上げました。
「あなたのお父さん、あなたが何かを言います?」
「いいえ」
「本当にありません? "
私は罪悪感が頭をハングアップしていない:「何も。」
「豚は、おそらくあなたがそれを手に入れた方法を言っているの? "ママ"と、彼はまた、愚かな、私の豚が上昇し、それを認識していないだろうか?」彼女は豚の頭に触れ曲げられ、口の口かすかな笑顔、よく見ると若いはるかに思える:「あなたの父と私は40年間住んでいたい、でも彼はこのような良い演技の才能を持っていたかわかりません。」
彼の後ろのママの声、キッチンを残す:長寿カード「あなたのお父さん、私は彼の2のために保存していたクローゼットテル」「タバコを。」
外では、お父さんは、空の雲の夕暮れに直面して、ロッキングチェアに横たわっています。

家中小白豬失蹤之後,媽一直很氣惱。
  當初媽決定買這頭白豬來貼補家用。爸嘮叨半天,說了一大堆。媽氣不過了,咬牙用存了很久的私房錢買下。沒想到養了幾天,因為一時疏忽忘了關豬柵,居然給它逃跑了。媽為此自怨自艾難過了好幾天。媽的心情不好,家中靜下來,我和爸講話都得小聲小氣的。
  一個多禮拜後的一天,我在客廳,媽在廚房忙。
  突然,「砰」的一聲,爸撞開門衝進來。
  「看!這是什麼!」爸兩手舉得高高的。
  媽雙手在圍裙上擦拭著,皺著眉從廚房走出來。
  「小白豬!」我和媽同時大叫出聲。
  爸把它送到媽面前,邀功似的:「我在湖邊找到它的時候,脖子上還套根繩子,可能是鄰近的小孩抓到了養著,玩膩了才放它回來的。」
  接過小豬,媽一遍又一遍地撫摸著它滿是泥巴的頭,竟流下淚來。
  爸走過去,一反平日的粗聲粗氣,溫柔地輕攬著她的肩頭:「找回來就好了,有什麼好哭的呢。」
  媽的臉有些紅,輕躲開爸的手,擦擦眼淚,掩飾說:「我看看飯好了沒有。」
  客廳裡只剩下我和爸,他把頭舒服地靠著椅背。
  「爸,可惜這只嫌小了點兒。」
  爸猛地從椅子上跳了下來,難以置信地瞪著我。
  我笑笑,「昨天我看到你去找古叔的。」
  「好傢伙!」爸一邊笑一邊摸口袋想找煙,又頹然放下,搖搖頭,「我從你媽『配給』我的煙錢裡,東扣西扣好不容易才省下來的『私房錢』。這下倒好,得戒煙了。」
  我走到廚房,媽在炒菜。
  「好大的油煙。」她撩起衣襟,擦拭一下眼睛。
  「你爸和你說些什麼?」
  「沒有。」
  「真的沒有?」
  我心虛地垂下頭:「什麼也沒有。」
  「大概是說這隻豬怎麼弄來的吧?」媽說,「他也真傻,豬是我養的,怎麼會認不出來呢?」她彎腰摸摸小豬的頭,嘴角含著淡淡的笑意,神采煥發,彷彿年輕了許多:「倒是我和你爸生活了40年,居然不知道他有這麼好的演戲天才。」
  離開廚房,背後傳來媽的聲音:「告訴你爸,衣櫥裡有我以前替他存的兩條『長壽牌』香煙。」
  門外,爸躺在搖椅上,面對著滿天雲彩的黃昏。Author :李捷鑫   Nation :中國