Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

誰も私に気づいていません

私は自分の体重が二度モデル小枝の名前で、ナポレオンよりも足背の高いでした。美容師が私の顔が彼女のための問題であることを言ったときだけ時間が私は美容室に行きます。しかし、私は社会的な習慣の本と無限の悩みの種類を判断してはいけない、私はまだ落ち着いて、自信を持って、とても幸せです。
私は日本の新聞で働いています。私は、以前は不可能と多くの場所に行く機会がありました。私は観客アスコット競馬場の報告事例に行き、私はそこに一つのことに出会ったときに今年は、それは私がどのように愚かよりも行動の性能に優れた世俗的な、他人に適合しようとしていることを実感しました。きちんと服を着てショートし、むしろ太った女性、あります:背の高い帽子は、先のとがった棒を持って、ピンクの弓のドレス、長い白い手袋システム、手を着用してください。彼女は杖の上に座って大きな脂肪、だったので、杖の先端が地面をChuojin。スティックは、突然のすべてがダイヤルアウトではない、あまりにも深く突きます。彼女はそれが難しい彼の口の目には、怒りの涙を引き出すために引っ張りました。彼女は最終的に引き出されたが、彼女は地面に落ちた杖を持っていました。
私は彼女の休暇を見ていました。彼女も、彼女が大観衆の下に醜いを失った、この日台無し。彼女は誰に印象を与えていないが、悲しみの涙で満たされた彼女自身に、彼女は敗者です。
私はこのような状況を経験している、非常にはっきりと覚えています。その時、私は本当に理解していない:誰が本当にあなたがやっていることに気付きません。何年もの間、私は自分自身と他人を作るしようとしましたが、人々の心はいつも私がしたい人のどのような心配になります。今、私は彼らが私の考えていないことがわかっています。
私が最初に踊るとき、私は悲しい感じたことを覚えています。少なくとも価値がないそれらの雑誌を読んで、常に素晴らしいと見事な機会を意味女の子のためダンスはそう言います。その後、偽のダイヤモンドのイヤリングは、非常にファッショナブルな、私はそれを身に着けている、常に踊り練習グランドボールの準備ができていたので、私は耳の痛みを持っていたと石膏を掲載。私はこの漆喰の上で踊って人々を持っていないので、おそらく、ダンスが、何らかの理由で、私は完全な4時間43分のためにそこに座っていました。私が家に着いたとき、私は傷つける足を踊った、私は非常に満足していた私の両親に言いました。彼らは喜んでベッドに行ってきました、満足していた私のパーティの成功を聞きました。私は、彼の寝室に入った石膏引きちぎる耳に取り付けられ、一晩中泣きました。私はいつも想像夜、百家族で、子供たちが両親に語っている:男性と私はダンスしません。
ある日、私は、彼らの目に、私はここに座っている人は、いくつかの愚かではないです、公園で一人で座っていた私の友人はここから来ている場合心配していました。私はいつも、今それを忘れて、次の女性のファンタジーを書かれた行を読み、私は彼女に同じことを好きではないのですか?ときにフランス語散文を読み始めたとき明らかに、この女性は彼女を取った時間のほとんどは、印象の印象を与えるためにしようとに費やされているが、彼女は自分の生活の中でめったにありません。その瞬間、私は無意味ではレースのように完全な2年の時間が費やされていることに気づきました。誰が私に注意を払っていないので、私は、まったく動作しませんでした。
今、私は店に入るときに、次回は、営業担当者は彼女の口を傾けと、言うことを知っている "あなたの番号、女性を?私たちはここにあなたが望むのない数のだと思います。"これはちょうど店の在庫を言うされています不十分。だから私は、事実上の負担を削除されたように、私はこれまで以上に簡単に感じ、もっと自由に。

我比拿破侖高一英尺,我的體重是名模特兒特威格的兩倍。我唯一的一次去美容院的時候,美容師說我的臉對她來說是一個難題。然而我並不因那種以貌取人的社會陋習而煩憂不已,我依然十分快樂,自信,坦然。
  我在一家日報社工作。我於是有機會去許多以前不可能去的地方。今年我去阿斯科特跑馬場報道那兒觀眾的情況的時候,我在那兒遇到了一件事,它使我認識到那種試圖去順應世俗,去表現得比別人優越的行為是多麼愚蠢。有一個矮小而肥胖的女人,穿戴得整整齊齊:高高的帽子,佩著粉紅色的蝴蝶結的晚禮服,白色的長統手套,手裡還拿著一根尖頭手杖。由於她是一個大胖子,當她坐在手杖上時,手杖尖戳進了地裡。手杖戳得太深,一下子撥不出來。她使勁地拔呀拔,眼裡含著惱怒的淚水。她最後終於拔了出來,但她卻手握著手杖跌倒在地上。
  我看著她離去。她這一天就算毀了,她在大庭廣眾之下丟了醜。她沒有給任何人留下印象;然而在她自己充滿悲哀的淚眼裡,她是一個失敗者。
  我記得非常清楚,我也經歷過這種情況。那時候我還沒有真正認識到:沒有人在真正注意你的所作所為。許多年來,我都試圖使自己和別人一樣,總是擔心人們心裡會把我想成什麼樣的人。現在我知道他們根本就沒有想過我。
  我還記得我第一次跳舞時的悲傷心情。舞會對一個女孩子來說總是意味著一個美妙而光彩奪目的場合,起碼那些不值一讀的雜誌裡是這麼說的。那時假鑽石耳環非常時髦,當時我為準備那個盛大的舞會練跳舞的時候老是戴著它,以致我疼痛難忍而不得不在耳朵上貼了膏藥。也許是由於這膏藥,舞會上沒有人和我跳舞,然而不管是什麼原因,我在那裡坐了整整4小時43分鐘。當我回到家裡,我告訴父母親我玩得非常痛快,跳舞跳得腳都疼了。他們聽到我舞會上的成功都很高興,歡歡喜喜地去睡覺了。我走進自己的臥室,撕下了貼在耳朵上的膏藥,傷心地哭了一整夜。夜裡我總是想像著,在一百個家庭裡,孩子們正在告訴他們的家長:沒有一個人和我跳舞。
  有一天,我獨自坐在公園裡,心裡擔憂如果我的朋友從這兒走過,在他們眼裡我一個人坐在這兒是不是有些愚蠢。當我開始讀一段法國散文時,我讀到有一行寫到了一個總是忘了現在而幻想未來的女人,我不也像她一樣嗎?顯然,這個女人把她絕大部分時間花在試圖給人留下印象上了,而很少時候她是在過自己的生活。在這一瞬間,我意識到我整整二十年光陰就像是花在一個無意義的賽跑上了。我所做的一點都沒有起作用,因為沒有人在注意我。
  現在我知道下一回當我走進一家商店,一位營業員翹起她的嘴說,「您的號碼,夫人?我想我們這兒絕沒有您要的號碼。」這僅僅是說店裡的存貨不充足。這樣無形中我心裡好像去掉了一個重負,我覺得自己比以往任何時候都輕鬆,更自由。
Author :Maere Binchy