Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

イスラエルの目の前に中国のレポーター

ほとんどの中国の人々のために、イスラエルは神秘的で不思議な土地です。ある程度理解するだけでなく、アラブ・イスラエル紛争、テロ、戦争の煙があれば......
安全に注意を払う:代表団は中国に行く前に、私は記者と思い、複数の人が語っています。自身は笑うが、だけでなく、懐疑的:それは、一週間前、国のどのようなものを、結局のところ、ただの銃が禁止開くの絵を見ることができます......混乱だけで中東和平の見通しである??
返すために訪問し、多くの疑問符が緩和、と私は私が私の読者本当のイスラエルの見解を伝えるべきだと思います。
静かエルサレム
飛行機は夜は地中海に包まれ、またはテルアビブでイスラエルの東海岸の第二の都市の近くに放牧しました。
ポートホールトップからは、しかし、光の海を参照してください。 40未満万人、北京の4%未満が、とても繁栄することができ、市内を考えて、助けることはできませんが、不思議。
我々は中国のパスポートの人民共和国を実行してきたが、また、イスラエル政府はゲストを招待するので、私たちのクリアランスは、非常に成功した、イスラエルの移民は非常に厳しいと述べました。
ミス・ナフランスおよび外務省のイスラエル省空港へ。エルサレムへの国道に沿って一つの空港のうちカー、。 45分、それは海岸平野から山になっています。
ナ法は時間の缶の東出口を継続するためにエルサレムから、私たちの国は、中国だけ北京、天津、北京の半分だけの人口の2都市程度の面積の実際の制御に小さいことを言います。ヘッド徐古いは皮肉を言った:「あまり知られていないあなたは大きな国です。」
エルサレムは7つの丘の上に散在するだけでなく、光の海の作品。通りは、街のない喧騒、それほど緊張感は非常に静かではありません。スパース歩行者は、ゆっくりと車を渡して、私たちは、これは静かな街であると信じて、可能な限り安全に眠りに落ちます。
150万人の若い命
議題によると、代表団は、最初のイベントは、エルサレムの旧市街を見学です。この平方キロメートルの面積、ユダヤ教、キリスト教の実際のコレクションの中で、これは奇跡世界の3つの宗教のイスラム教の聖地です。不思議すべての宗教の信者が延々とこの論争を行いません。
旧市街は完全に国の旧市街を彷彿させる元の外観、路地のお店、人々を、保存します。すぐ隣のアイコンに元の建物でも維持されるよう、数千年の遺跡の破壊、より一層、訪問者を告げる街は、かつての栄光を持っていました。
エルサレムでは、若い男性と女性が銃を着る見ることができます。私たちは写真を撮っ誰、停止する何人もありません。当たり前の周りの人々は、我々はすぐに簡単にそれを取るでしょう。
ヤド・ヴァシェムへの午後訪問。博物館は、密な木の前に、各ツリーは前によく知ら氏シンドラー含め、ユダヤ人を助けるために正義を与えられた人を記念する小さなプラークを持っています。このような記念の木5,000以上の木の合計。ユダヤ人の人々が友人を決して忘れないだろう。
「第二次世界大戦中、」6万人のユダヤ人が殺されたファシスト、国家の歴史の中で、この非常に痛い章になります。記念は完全にトーンを黒で、国民の苦しみの完全なパフォーマンスは、重い感じを与えます。もっと謙虚記念は子供を殺しています。ロビーには大きな窓を描いた写真は、罪のない子供たちがあなたに微笑み、そして会場は暗かったです。キャンドルライトはガラスの明るいスポット多数数多くの作品の少し反映したものです。闇はファシスト表し、生命のシンボルを強調表示し、それが150万人の若い命をああ!オープンは、誰かが周りの訪問者は悲しみに浸漬され、すすり泣き、深く、ゆっくりと説明してきました。
同様にCPCの歴史の教訓として、
今日、イスラエル最大の民間病院とのインタビュー - ハイダサ病院。ここでエレガントな環境、先進的な設備ではなく、全体汚い、うるさいの病院を分割し、当社の印象。 800人の病院の医師、1100台の病院のベッド、医師・患者比率世界で最も高い(医師であるイスラエル国民の1.1%)。重要なのは、この病院の医師募集は、だけでなく、疾患の診断および治療を必要とするだけでなく、科学的研究に従事できるようにする必要があり、それゆえ、彼らは非常に有資格者の数を持っており、医療技術のリーダーです。
ヘブライ大学の午後訪問トルーマン研究所。教授のsinologist西Huoerの研究テーマは、問題、パムは、問題を「61人のケースが立証裏切り者薄一波」で実際に中国共産党史の研究だった別の学者「民間人を変換する中国の軍事工業企業」です。私は尋ねた:「なぜ、これらを研究?」前者は答えた:「..私たちだけを参照するための狭すぎる中国の成功体験防衛変換の問題との関係を研究するために、」東洋言語で中国語を学んで、200人以上の学生のための後者中国共産党を教えてくれました。そのような国では唯一の500万人、そこに中国を学ぶ多くの人々がありますが、また、私は、とにかく考えることはできません中国共産党の歴史の授業を提供します。
世界中の長期的ディアスポラのユダヤ人の人々、ヘブライ語の使用の1500年以上のため。イスラエルの建国後、精力的に国語を促進し、テキスト、ヘブライ語は、国家公務員の法的テキストとなり、多くの場合、新しい語彙を発表し、市民が使用することを学ぶことができるように。
退職社長は、科学的研究に従事しました
エルサレムから朝。空は雨のパターニングを落下します。
イスラエル乾燥地には非常に多く、植林を重視します。 PRCの建国の初め、しかし450万木、不断の植林活動の40年は、2億にこの数、45倍の増加を行いました。花を摘みに無料でイスラエルが法律に反していると言われています。多くの人々の植物の木は、生き残るために休日を見に特殊なドライブを取るか、どのように成長していません。
イスラエル政府は、教育、科学研究、にたくさんのお金は、長期的な発展を模索します。科学の有名ワイツマン研究所、毎年政府からの研究資金の60%、仲介、企業や民間のドナーからの40%。道路の科学研究、生産、貿易統合研究所(もちろん、関係なく、市場の科学者)、可能な限り迅速に市販への科学的な研究成果を担当する専門機関。
この研究所国の2項社長は、氏Weizmanはイスラエルの初代大統領の創設者です。第四社長エフライム・カッツァー彼の研究を継続するために実験室を出た後に戻って、まだ、よく知られた生化学者です。
ここでは予定の研究者の実装は、何の長期的な科学研究を却下してはならない存在です。終身教授職、非常に厳格な条件は、特別委員会によって承認され、書面でなければなりません、6つの言語であると言われています。ここで勉強中国人学生は、「すべての人の頭の岩。」、ここに述べましたパンのいくつかのスライスを持つ多くの人々の毎日は、いくつかのニンジンは、10時間以上の研究室に入りました。
研究所の規制、学生は一方では、研究所のその影響力と可視性を拡大するために、一方では、30%が海外から来ている必要がありましたが先に滞在し、新しい思考「を導入」し続けます。
パンよりも重要ニュース
四日間は、毎日のスケジュールの所有者は非常にタイトだった、私たちはより完全イスラエルを理解してほしいです。多くのイスラエル人の友人が、彼らは唯一の外の世界にアラブ・イスラエル紛争、テロ、大きな不正の戦争の煙を知っていると言う中国の人々はイスラエルの社会的、経済的、技術的、文化的な側面を理解することを願っています。
イスラエルの世界的に有名なハイテク農業。この不毛の土地で、労働力不足、国の干ばつ、彼らのハードワーク、唯一の技術集約型の追求が、効果的に加えました。有名な点滴灌漑技術は、限られた水資源の効果を最大化し、かつ効果的に歩留まりを向上させるだけではなく。彼らは、世界の先進レベルをランク付け、高収率ことを保証するために、牛の系譜を設立し、研究の海水淡水化プラントの綿だけでなく、利用可能な水資源を拡大し、生産3%増加......練習は、科学技術が実際に主要な生産力であることを証明しています。
時事問題を懸念イスラエル、イスラエルは確かにニュースです。中東和平プロセスについてのみ、それが世界的に注目されています。ニュースを聞いて全体のポイントの間に、多くのイスラエル人は、コンテンツの生活の中で不可欠なものとなっています。一部の人のジョーク:イスラエルは、正よりもパンを買うために新聞を購入します。これが裏付け70万(360から400版)発行の「デイリーニュース」デーの週末〜400,000コピー(124バージョン)をリリースすることができます。イスラエルでわずか500万人で、そのような循環は確かに非常に語っています。
「大きな鍋」もあります。
キブツ(集団農場) - 今日から、我々は独自の社会的、経済団体におけるイスラエルのインタビューを始めます。これは、この世紀の初めに開始し、平等、公共の原則は、生産のオンデマンド機能のために自分の一部を行うために、ライフスタイルは、多くの人々の大きな関心を集めています。
私たちは、3つのキブツに行ったことが、高い生活水準、非常に便利なサービスと生産と賞賛の非常にかなりの規模は確かにあります。しかし同時に、我々はまた、ニュースは現代生活の影響により、伝統的な方法をキブツ聞きました。
小さなユダヤ人の人口、生産と生活条件の場合の早期キブツは、主に農耕社会や経済団体、自主的に組織し、生存のために非常に悪いです。イスラエルの建国後、政府は素晴らしいサポートを与えています。人口は全国のわずか2.7%を占めるが、270以上のキブツ国、イスラエルの発展に特別な貢献をした決済、移民、農業、さらには防衛のために、国民経済の柱になるために十分な富を作成しました。
政府の発展に伴い、キブツ衰退の役割を作業の多くを引き渡しました。独自の開発を話すために、より豊かなキブツのいくつかは、その収入の大半は産業、商業、サービス、単独の農業やりくりするからです。実際の作業で人の高齢者、子供、3分の1のみをサポートする必要性と相まって。支払った人労働変化し、同じ自然の原因精神的な不均衡を割り当てるごとに、一部の人々はキブツの課題に直面して、慣性を開発し、より多くの若者が仕事に出かけます。私たちは2日間で「破産」、キブツにとどまりました。それぞれが500シェケル(約$ 170)作られた、それはもはや必要に応じて割り当てられません。ゴラン高原ない戦争
ゴラン高原と私たちの想像力は完全に異なっています。
朝を通して、一般の人々、ほとんどの銃、はるかに少ないエルサレムを持っている人でも、これらのは言うまでもありません。静かな住宅生活は、子どもたちが一緒に旅行します。それは週末ですので、残りすべてのユダヤ人のお店は、さえ兵士が休暇にありました。
静かに沿道キャンプ、実際には永遠に失わ、戦車、大砲や警備員の行を削除します。私たちは、森、道端停車中の車を渡り、若い兵士と恋に落ちる女の子を残します。ここでは派閥平和な風景。
私たちのツアーガイドを主張のもと、私たちはシリアの二つのゾーンに近い高台に乗り込みました。コンクリートのトレンチと土嚢は、軍事用にここでの説明を重ね、そのシュートは警戒タスク「として」、唯一の電子アンテナを解雇され、単一の兵士を見ることができませんでした。ガイドによると、トラブルの兆候たら、時間、イスラエルの現役中に、予備兵は戦いの準備ができて指定された位置を、入力することができます。
それは「失望」ゴラン高原のラインですが、また満足。すべての後、人々は平和を愛するです。イスラエル、そしてすべての人生の歩みと接触している六日には、我々は和平プロセスに反対誰も聞いたことがありません。でも判決は、野党は、和平交渉を促進するための手順のメソッドを反対する、と誰も戦争を望んでいません。ヘブライ語の「こんにちは」と「平和」と同じ発音をしているので、あなたはどこにでもイスラエルでの「平和」の音を聞くことができます。
喜んゴラン高原、世界的な戦争に決して喜んで、持続的な平和......
お金は米国に行く必要はありません。
イスラエル最後の日とのインタビューで。
西ガリラヤにある朝のインタビュータバーン工業団地、。いくつかの非常に新しい洞察の創設者の氏Weizmanの1。彼は、イスラエルが独自の歴史の非常に誇りに思っていますが、彼らは未来を無視する歴史について話していると述べました。産業社会への農業からのインテリジェンス(だけではなく、宗教的、歴史的)、の若い世代の開発は、新たな戦いです。私たちは、歴史と未来の点の組み合わせを探している、それは教育への投資、イスラエルのユダヤ人を含む科学技術、若い世代への投資で、アラブ人は共通の目標を持っている:将来は、憎しみを忘れてしまいました。
15年前、氏Weizmanは、独自のビジネス上の彼の息子に、教育、科学技術への投資を始めた「子どもたちの新しい世代を育成。」 12年前、彼は主にハイテク切削工具の生産に従事しISCAR会社から実行します。現在、$ 5億年間売上高を持つ企業、輸出用製品のこの唯一の600人の労働者の98%。会社のスタッフは、彼らが自分の練習をすることを証明している使用することを私たちに語った:「お金はアメリカに行く必要はありません」
午後の訪問新参者カミーユシティセンター。移民の国として、毎年ユダヤ人は世界中からイスラエルへ移動しました。新しい生活を始め、政府は全国の21曲の新しい移民センターに設定する前に、右と強制短期ヘブライ語、ユダヤ人の歴史、文化、イスラエル市民をそれらを支払います。このためには、年間2%の全国財政支出はおよそ$ 10,000人当たりの移民の訓練のために使用されます。入国管理センターの頭部は、言った:「我々は、長い目で見れば、これは最も収益性の高い投資で、この支出のどのくらい気にすることはできません。」
イスラエルの人々は、我々は同じ長い歴史と文化を持っていないという理由だけで、中国の人々に非常に友好的ですが、また、我々は国家の同様の運命を共有しているため。 「第二次世界大戦中」、中国の人々は友好的にユダヤ人の脱出を受け入れました。私たちは、彼らも中国のパートナーと子供の頃の歌を覚えて、期間中に、それは2つ以上がシオンの中国長老に住んでいた直面しています。

對大多數中國人來說,以色列是一片神秘而陌生的國土。如果說有一些瞭解,也不過是阿以衝突、恐怖活動、戰火硝煙……
  我隨中國記者代表團赴以之前,就有不止一個人叮囑:注意安全。自己雖一笑置之,卻也心存疑慮:那是一個什麼樣的國度?會看到什麼景象?畢竟一周前剛剛開放槍禁,恰恰中東和談前景撲朔迷離……
  訪以歸來,許多問號釋然了,我想應該告訴讀者一個我看到的真實的以色列。
  寧靜的耶路撒冷
  飛機掠過夜色籠罩的地中海,抵近位於東岸的以色列第二大城市特拉維夫。
  從舷窗俯視,但見一片燈海。想想這座城市不到40萬人口,不及北京的4%,竟如此繁華,不禁令人驚歎。
  都說以色列入境檢查極嚴,我們通關卻十分順利,因為我們執有中華人民共和國護照,又是以色列政府邀請的客人。
  以色列外交部的娜法小姐來接機。汽車駛出機場,沿國家一號公路去耶路撒冷。45分鐘的路程,已經從沿海平原進入山區。
  娜法說,我們的國家很小,實際控制面積只相當於中國北京、天津兩市之和,人口只及北京的一半,從耶路撒冷繼續東行一小時就可以出境了。團長老許風趣地說:「你們國小名氣大。」
  耶路撒冷散落在七座山丘上,又是片片燈海。街頭十分寧靜,毫無城市的喧囂,更無緊張的氣氛。稀稀落落的行人,緩緩駛過的汽車,使我們相信這是一座平靜的城市,盡可安然入夢。
  150萬幼小生靈
  按照日程,代表團首項活動就是遊覽耶路撒冷老城。在這一平方公里的區域內,竟彙集了猶太教、基督教、伊斯蘭教這世界上三大宗教的聖地,堪稱奇跡。也難怪各教信徒為此爭議不休。
  老城極好地保存了原貌,小巷中的店舖、人家,會使人想起國內的古老小鎮。即使千年以上被毀的遺跡也原樣保存著,只是旁邊附有原建築的圖示,告訴遊客這座城市曾經有過的輝煌。
  在耶路撒冷,隨處可見佩槍的青年男女。我們為之拍照,並無人制止。周圍的人們司空見慣,我們很快也就處之泰然了。
  下午參觀大屠殺紀念館。館前一片茂密的樹林,每棵樹前都有一塊小小的銘牌,以紀念那些曾經給猶太人以幫助的正義者,其中就包括世人皆知的辛德勒先生。這樣的紀念樹共有5000多棵。猶太人民不會忘記朋友。
  「二戰」期間,有600萬猶太人被法西斯屠殺,成為這個民族歷史上極為慘痛的一頁。紀念館完全以黑色為基調,充分表現了民族的苦難,給人以沉重感。更為震撼人心的是被殘殺兒童紀念館。前廳櫥窗內一幅幅巨大的照片上,天真爛漫的孩子在向你微笑,而大廳內卻一片黑暗。點點燭光被無數塊玻璃折射出無數個亮點。黑暗代表著法西斯,亮點象徵著生命,那是150萬個幼小生靈啊!空曠中傳來低沉、緩慢的解說,周圍有人在啜泣,參觀者都沉浸在悲痛之中。
  還有中共黨史課
  今天採訪以色列最大的私立醫院——海達撒醫院。這裡環境優雅,設備先進,全不見我們印象中醫院的那分嘈雜、髒亂。全院800名醫生,1100張病床,醫患比例居世界前列(以色列全國1.1%的人是醫生)。重要的是,這家醫院招聘醫生,要求不僅能診治疾病,而且必須能搞科研,因此,他們擁有一批高素質的人才,並且在醫療技術上處於領先地位。
  下午採訪希伯來大學杜魯門研究所。著名漢學家希霍爾教授的研究課題是「中國軍工企業轉產民品」問題,另一位學者帕姆研究的竟是中共黨史中「薄一波等61人叛徒案平反」問題。我問:「為什麼研究這些?」前者回答:「只研究中以關係課題太窄。中國軍轉民的成功經驗對我們有借鑒作用。」後者則在為東語系的200多名學漢語的學生講授中共黨史。在這樣一個只有500萬人口的國家,還有許多人學漢語,而且開設中共黨史課,這是我無論如何想不到的。
  由於猶太民族長期流散世界各地,希伯來文已有1500多年未能使用。以色列建國後,大力推行民族語言、文字,希伯來文成為國家法定公用文字,並經常公佈新詞表,讓公民學習使用。
  總統退休搞科研
  晨起離開耶路撒冷。天上飄落淅瀝小雨。
  以色列乾旱土地甚多,對綠化極為重視。建國之初,樹木不過450萬株,40多年堅持不懈的植樹活動,已使這個數字變為兩億,增長45倍。據說,在以色列隨意攀折花木是犯法的。許多人植樹後,假日還專門驅車去看看成活與否、長勢如何。
  以色列政府把大筆資金投入教育、科研,謀求長遠發展。著名的魏茨曼科學研究所,每年研究課題經費的60%來自政府,40%來自中介機構、大公司和私人捐助。研究所走科研和生產、貿易相結合的道路(當然,科學家不管市場),有專門的中介機構負責把科研成果盡快轉化為商用。
  這家研究所出了兩任國家總統,創始人魏茨曼先生便是以色列第一任總統。而第四任總統伊弗雷姆·卡齊爾是著名生物化學家,卸任後仍回到實驗室繼續他的研究。
  這裡的研究人員實行聘任制,長期沒有科研成果的一律解聘。獲得終身教授資格,條件極嚴,據說要會六種語言,要有著述,由專門委員會批准。在這裡留學的中國研究生說,這裡「人人頭上一盤石」。許多人每天帶幾片麵包、幾根胡蘿蔔就鑽進實驗室,一幹就是十幾個小時。
  研究所規定,研究生中須有30%來自國外,為的是一方面擴大研究所的影響和知名度,一方面不斷「引進」新思維,保持領先地位。
  新聞比麵包重要
  4天來,主人把每天的日程安排得非常緊張,希望我們更全面地瞭解以色列。許多以色列朋友表示,他們對外界只知道阿以衝突、恐怖活動、戰火硝煙很不以為然,希望中國人民瞭解以色列的社會、經濟、科技、文化諸多方面。
  以色列的高科技農業世界聞名。在這個土地貧瘠、勞力短缺、乾旱少雨的國度,他們除了努力工作,只有追求技術密集,而且卓有成效。著名的滴灌技術,不僅最大限度地發揮了有限水資源的作用,而且有效地提高了產量。他們建立奶牛族譜,保證了優質高產,居世界先進水平;研究淡化鹹水種植棉花,不僅擴大了可利用水源,而且提高產量三成……實踐證明,科學技術的確是第一生產力。
  以色列人關心時事,以色列也確實出新聞。僅中東和平進程一事,就是全世界關注的熱點。每逢整點收聽新聞,已成為許多以色列人生活中不可缺少的內容。有人笑談:以色列人買報紙比買麵包積極。這一點,可以從《最新消息報》日發行40萬份(124版)、週末發行70萬份(360—400版)得到佐證。在只有500萬人口的以色列,這樣的發行量的確很能說明問題。
  也有「大鍋飯」
  從今天起,我們開始採訪以色列一種獨特的社會、經濟組織——基布茲(集體農莊)。這種起始於本世紀初,以平等、公有為原則,以各盡所能、按需分配為特徵的生產、生活方式,已經引起許多人的濃厚興趣。
  我們先後到過三個基布茲,的確為那裡高水準的生活、極方便的服務和十分可觀的生產規模而歎服。但同時,我們也聽到了基布茲傳統方式受到現代生活衝擊的消息。
  早期基布茲是在猶太居民很少,生產、生活條件很差的情況下,為生存而自願組織起來的,以農業為主的社會、經濟組織。以色列建國後,政府曾給予大力扶持。全國270多個基布茲,儘管人口只佔全國總數的2.7%,卻創造了足以成為國民經濟支柱的財富,在定居、移民、農業,甚至防務上都為以色列的發展做出了特殊貢獻。
  隨著時代的發展,上述許多工作移交政府,基布茲的作用日漸減弱。就自身發展講,一些較富足的基布茲,其收入的絕大部分已是來自工業、商業、服務業,單純農業入不敷出。加之需要供養老人、兒童,實際只有1/3的人在工作。每人付出勞動不一,而分配相同,自然引起不平衡心理,有些人養成惰性,而越來越多的年輕人外出工作,使基布茲正面臨著挑戰。我們下榻的基布茲就在兩天前「破產」了。每人發500個謝克爾(約合170美元),以後不再按需分配。戈蘭高地無戰事
  戈蘭高地與我們想像中的完全兩樣。
  整個上午,不要說普通人,連佩槍者也幾乎沒有,遠不如耶路撒冷。居民點生活平靜,孩子們結伴出遊。因為是週末,猶太人的商店一律休息,連士兵都休假了。
  路邊軍營靜悄悄,除去排列整齊的坦克、大炮和哨兵,竟不見人影。我們穿越林間,路邊停放的汽車裡,休假的青年士兵在與姑娘談情說愛。這裡一派和平景象。
  在我們的執意要求下,導遊帶我們登上了靠近敘利亞防區的兩個制高點。混凝土戰壕和堆積的沙袋說明這裡用於軍事,卻不見一兵一卒、一槍一彈,唯有電子天線「擔任」警戒任務。據導遊介紹,一旦風吹草動,一小時之內,以色列現役、預備役軍人即可進入指定位置,準備作戰。
  戈蘭高地之行令人「失望」,也令人欣喜。畢竟,人們都是熱愛和平的。在以色列6天了,接觸了各界人士,我們從未聽到有人反對和平進程。即使執政、在野兩黨在推進和談的步驟、方法上有分歧,也沒有人希望戰爭。希伯來語「你好」與「和平」的發音相同,因此,你可以在以色列到處聽見「和平」之聲。
  願戈蘭高地,願全世界永無戰事,永久和平……
  掙錢不必去美國
  在以色列採訪的最後一天。
  上午採訪位於加利利西部的泰芬工業園。創始人之一的魏茨曼先生一番獨到見解頗有新意。他說,以色列人很為自己的歷史而自豪,但只講歷史會忽視未來。開發年輕一代的智力(不只是宗教、歷史),使社會從農業走向工業,是一場新的戰鬥。我們要尋找一個歷史與未來的結合點,那就是投資教育、投資科技,讓年輕一代,包括以色列的猶太人、阿拉伯人有一個共同的目標:面向未來,忘記仇恨。
  15年前,魏茨曼先生把自己的企業交給兒子,開始投資教育、科技,「培養新一代孩子」。12年前,他辦起ISCAR公司,主要從事科技含量高的切割工具生產。目前,這家只有600名職工的企業,產品的98%用於出口,年銷售額5億美元。公司職員告訴我們,他們要用自己的實踐證明:「掙錢不必到美國去。」
  下午參觀卡米爾市新移民中心。作為移民國家,每年都有來自世界各國的猶太人移居以色列。在開始新生活之前,政府設置在全國各地的21個新移民中心,要對他們進行短期的希伯來語、猶太曆史、文化和以色列公民的權利和義務教育。為此,每年全國財政開支的2%要用於移民培訓,人均約1萬美元。移民中心的負責人說:「我們不能計較這項開支的多少,從長遠看,這是獲利最大的投資。」
  以色列人民對中國人民十分友好,這不僅由於我們有著同樣悠久的歷史、文化,而且因為我們有著相似的民族命運。「二戰」期間,中國人民友好地接納了大批逃亡的猶太人。我們在以期間,就遇到過不止一個曾在中國生活過的猶太老人,他們甚至還記得童年的中國夥伴和歌謠。Author :張刃   Provenance :工人日報