Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

サンドストーリー

そこ遠くの山に上がる川は、田舎の多種多様を通って流れ、そして最終的にそれは砂漠に流れています。それは他のすべての障壁を越えているように、川はまた、砂漠を行くようにしようと、それはそれらの砂に入るとき、それはその水が消えたことがわかりました。
しかし、それはそれの運命は、砂漠を横断しようとしているが、どこにも行かないようにすることを説得されました。このとき、小声でそれ自身を隠すために砂漠からの声がありました:「風が砂漠を横断することができ、その川をすることができます。」
しかし、川の反対は、それが赤い砂の内側に行くことを続けるが、吸収されています。風が飛ぶことができるので、砂漠を横断することができます。 「前方にあなたの通常の方法では、あなたが消えていない、越えることはできません、あなたの目的地にあなたを導くために風をさせる必要があり、沼になることです。」
「しかし、これはどのように起こることができますか?」
「とは、自分が風によって吸収することができます。」
この概念は、その個性を失いたくはありません、それは以前に吸収されたことがない、結局、川で受け入れることができません。あなたはそれを失うしたら、どのようにあなたはそれが川を形成するために川を取り戻すだろう知っていますか?
砂は言った:「風は、それは、水を持って砂漠を渡ってそれを取る、それは雨の形でその秋に落ちるせ、その後、川に再び一緒にそれらの雨で、このタスクを実行することができます...」
「私は本当にどのようにそれを知ることができました?」
「それは本当だ。あなたが信じていない場合は、あなたが最もあなただけの沼になることができ、さらには沼が多く、多くの年を過ごす必要がありますになるために、それは間違いなく同じ川ではない、絶望になります。」
「しかし、私は今、このように同じ川を維持することができませんでしたか?」
そのささやきは言った:「どちらの場合も、あなたがそうとどまることはできません。
「あなたは自然の一部では、離れて撮影されていると川を再形成する。今でも、あなたが今、あなたと呼ばれている、だけでなく、あなたは本質の一部であり、あなたのどの部分かわからないので。」
川はこのことを聞いたとき、特定のエコーは、その心の中で上昇し始めました。暗がりでは、それは、その状態で、状態のそれを私に思い出させる、またはそれは風を引いて腕の一部となっていた、あなたはそんなことを?川はまだ確認されていません。同時に、必ずしも必要ではないが非常に明白なこと、これは実際にそれを行うために起こっていると考えているようです。
その川は風の歓迎の腕の中に蒸気を上昇します。風が優しく、簡単に一緒に前に進むためにそれを取ります。彼らは遠くの丘の頂上に到達すると、風は優しく、それが落下しましょう。
それが疑われているため、その独自の心の中で川が深くその経験の詳細を覚えています。
それは考えた:「はい、今私は真のアイデンティティを学びました。」
本研究では河川が、砂のささやき:「我々は知っている、我々はすべての道山に川から砂を拡張として、それは、日々起こる見てきましたので。」
一部の人が言う理由です:人生の川は砂の中に書き込むための道を継続します。

有一條河流,它發源於一個很遠的山區,流經各式各樣的鄉野,最後它流到了沙漠。就如它跨過了其他每一個障礙,這條河流也試著要去跨越這個沙漠,但是當它進入那些沙子裡,它發覺它的水消失了。
  然而它被說服說它的命運就是要去橫越這個沙漠,但是無路可走。就在這個時候,有一個來自沙漠本身隱藏的聲音在耳語:「風能夠橫越沙漠,所以河流也能夠。」
  然而河流反對,它繼續往沙子裡面衝,但是都被吸收了。風可以飛,所以它能夠橫越沙漠。「以你慣常的方式向前衝,你無法跨越,你不是消失就是變成沼澤,你必須讓風帶領你到你的目的地。」
  「但是這要怎麼樣才能夠發生?」
  「藉著讓你自己被風所吸收。」
  這個概念無法被河流所接受,畢竟它以前從來沒有被吸收過,它不想失去它的個性。一旦失去了它,河流怎麼知道它能否再度形成一條河流?
  沙子說:「風可以來執行這項任務。它把水帶上來,帶著它越過沙漠,然後再讓它掉下來。它以雨水的形式掉下來,然後那些雨水再彙集成一條河流。」
  「我怎麼能夠知道它真的會這樣呢?」
  「它的確如此。如果你不相信,你一定會處於絕境,最多你只能夠成為一個沼澤,而即使要成為一個沼澤也必須花上很多很多年的時間,而它絕對跟河流不一樣。」
  「但我是不是能夠保持像現在這樣的同一條河流呢?」
  那個耳語說:「在這兩種情況下你都無法保持如此。
  「你本質的部分會被帶走而再度形成一條河流。即使現在,你之所以被稱為現在的你,也是因為你不知道哪一個部分的你是本質的部分。」
  當河流聽到這個,有某些回音開始在它的腦海中升起。在朦朧之中,它想起了一個狀態,在那個狀態下,它,或是一部分的它曾經被風的手臂拉著,的確有這麼一回事嗎?河流仍然不敢確定。它似乎同時想到這是一件它真正要去做的事,雖然不見得是一件很明顯的事。
  河流升起它的蒸氣,進入了風兒歡迎的手臂。風兒溫和地、而且輕易地帶著它一起向前走。當它們到達遠處山頂的時候,風兒就讓它輕輕地落下來。
  由於它曾經懷疑過,所以河流在它自己的頭腦裡能夠深刻地記住那個經驗的細節。
  它想:「是的,現在我已經學到了真正的認同。」
  河流在學習,但是沙子耳語:「我們知道,因為我們每天都看到它在發生,因為我們沙子從河邊一直延伸到山區。」
  那就是為什麼有人說:生命的河流要繼續走下去的道路就寫在沙子上。Author :奧修   Provenance :沙的智慧