Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

仏教のパンチライン

プロセスでは、私は地元の風景風景をたくさん見て、サインインブックに荊州、湖北省と浙江省温州読者に行ってきました。私Pimoの兄とのハングは、仏教の信者だった、見るために寺を入力して、私が影響を受けたが、また、寺院の礼拝の前に静かに立つ、態度は非常に敬虔であるだろう。荊州注意皮肉の仏教寺院は、あなたが人生を振り返り、熟考することができ、20でした。
一つの仏教パンチライン:生活の中で最大の富は健康です。誰もがこの言葉を知っているが、しかし本当に理解するだけでなく、使いやすいです。すべての回で人々を見て、または名前で混乱し、またはそれによって利益のために、または公式の周りに実行するために、または愛と欲求不満のため。名前、リー、呂、愛は、人生の最高の追求と考えたが、私は人生だけで、自分の健康の最大の富を知りません。私はすべてがクソ喜び、金の宝石類である金の山、山内に、お金grubberの小説の守銭奴を書いて覚えています。それは確かに悲しいではないだろうが、飽くことのない、そして最後に、出てくるので、ゴールドヒルにいくつかの骨を離れることができない金の山に?これは健康が人生で最も価値のある、だけでなく、最大の財産であることを示しています。心の内の1人の考えた場合、どのような名声と富を読み取り、非三分のは、あなたが無駄に来ることができるしたいと思います。
仏教のパンチライン2:最も悲惨な人生は嫉妬です。嫉妬は、生活の中で物事に遭遇する可能性が最も高い、リ・シ嫉妬同級生韓非が秦韓非の王を入力するために中傷が刑務所で死亡した原因である。サン・ビンパン・ホアンが自分より知識の嫉妬、サン・ビン致命的なトラップ、サン・ビン障害で囲ま。名言の仏教の悟りについては、リ・シ、パン・ホアンは非常に貧しい人々、彼らは時間のために成功するためにも陰謀が、最終的にはないホスピスです。嫉妬は病気、嫉妬の疾患に罹患している人、彼の人生がない平和です。彼らは今日の自分よりも、誰かが、明日は誰かが彼の前を歩いて心配恐れている、彼は病的な貧困層の種類に彼の人生を費やして、逆に、成功した大人の本当の歴史は、羨望は恥ずべきであるあります。ノーザン・ソング欧陽脩は文学的リーダーである、彼はエピジェネティックス・ドングポー引くための知識を持っていた、誰かが欧陽脩になります言った:「ス・ドングポー非常に有能な、公共の知識はこの人を引っ張っている場合、私は10年後、世界の人々が唯一のス・ドングポー秀を知っていたし、私にはわからないんです。」しかし、欧陽脩笑って、まだ蘇東坡を促進しました。欧陽脩は、より多くの子孫を尊敬します。ス・ドングポーさらに多くの感謝の気持ちを目立つした後、彼は古くから動いていた、欧陽脩のお悔やみのために書きました。
仏教の三つのパンチライン:最大の敵は自分自身です。この発言は、最も重要です。人間の人生は常に、このような不正、不正、悪役としていくつかの敵を、遭遇する、などYiguanqinshouが極端に不愉快な信者が、透けて見える、ごみの山以外の何ものでもありません。最大の敵の一つは、人そのものです。人も無敵アップ、征服、自分自身を克服することができます。自分の病気を恐れて、わからない、物事の躊躇、または自分自身を過大評価し、これ傲慢;等の過度の崇拝、ため、低自尊心。一度イデオロギーの面で飛躍を持って、自分自身を克服し、人生は新しいページを開きます。
仏教のパンチライン4:人生で最大幸福を手放すことです。人生の態度の男は、それを置く、勇気のようなものを取る余裕が寛大です。 NPCの世俗的な経験を持つ人生の道路上の花、拍手は、軽く撮影することができますについては、風や雨からの多くの時間がもっと自己認識しました。普通、ラフや泥がそれを表示できるようにするためにしかし、それはあまり簡単です。ビッグ不満や大災害が、これは寛大で、公然とそれを負担し、それによって移動することはできません。非常に高いレベルの一種である喜び、のためのもののだるま世界に仏教。彼らは、のセキュリティが切り離され、来るが、これは分離され、それが規律を開発するために何年もかかります。手頃な価格の取得、実際には、貴重な、それは人生のライフスキルの真の意味で、それを置きます。
これらは、私は十分に誰もがあなたの一生と思い、わずか4仏教のパンチラインです。健康であることをまとめるために、地球にダウン、自分自身を克服し、嫉妬を放棄します。そのような人は、病気の品種ではない、心配する必要はありません。ヒト疾患、両方の病理は、ヒトの健康にとってより重要である心理的側面もあります。心理的な逆境に耐える能力と、病気で、無病として病気になって、彼らと穏やかな、正確に処理することができます。仏教の機知に富んだ、誠実な言葉は、私たちに多くの貴重なインスピレーション死すああを与えます!

在我到湖北荊州與浙江溫州去為讀者簽名售書的過程中,觀賞了許多當地的山水勝景。與我同行的洪丕謨兄,是位佛家信徒,見廟必進,我受其影響,也在佛寺前默立跪拜,態度十分虔誠。在荊州某寺院得佛學警世妙語20條,大可玩味,反省人生。
  佛家妙語之一:人生最大的財富是健康。此語雖人人皆知,但要真正領悟,又非易事。試看古今中外之人,或為名所惑,或為利所動,或為官而奔波,或為愛情而苦惱。把名、利、祿、情,視為人生的最高追求,卻不知人生最大的財富只是自身的健康。記得有篇小說寫一個愛財如命的財迷,進了一座黃金山,山內皆是黃金珠寶,大喜若狂。但因貪得無厭,終於陷入黃金山而無法出來,於是黃金山中留下幾根白骨,豈不悲哉?由此可見,健康是最寶貴的,也是人生最大的財富。如果一個人想通了這一點,那麼什麼名利之念、非分之欲,都可化為烏有。
  佛家妙語之二:人生最可憐的是嫉妒。嫉妒是人生最容易碰到的事,李斯因嫉妒同學韓非的才能,向秦王進讒言而致韓非死在獄中;龐涓因嫉妒孫臏的學識超過自己,用毒計陷害孫臏,使孫臏致殘。如以佛家妙語悟之,李斯、龐涓都是極可憐的人,他們縱然陰謀得逞於一時,但最後都不得善終。嫉妒是一種病,患嫉妒病的人,一生都不得安寧。他們今天害怕某人超過自己,明天又擔心某人走在他前頭,他終日生活在一種可憐的病態之中;相反,歷史上真正功成名就的人,都以嫉妒為可恥。歐陽修是北宋文壇領袖,他當年識拔後生蘇東坡,有人便對歐陽修說:「蘇東坡才情極富,若公識拔此人,只怕十年之後,天下人只知蘇東坡而不知歐陽修。」但歐陽修一笑了之,依舊提拔蘇東坡。後人更加崇敬歐陽修。蘇東坡脫穎而出後,更是感恩在心,他為歐陽修寫的悼文,名動千古。
  佛家妙語之三:人生最大的敵人是自己。此話最為重要。人的一生總會遇到一些敵人,如流氓、無賴、小人,此等衣冠禽獸之徒可惡之極,但看穿了,也無非是一堆垃圾。人最大的敵人,還是人自己。一個人能戰勝自己,也就攻無不克、戰無不勝了。怕的是自己患了病,茫然不知,處事猶豫不決,或過高地估價自己,由此而自大;或過分地崇拜他人,由此而自卑。一旦戰勝自己,也就在思想上有了一個飛躍,人生會打開新的一頁。
  佛家妙語之四:人生最大的幸福是放得下。一個人在處世中,拿得起是一種勇氣,放得下是一種肚量。對於人生道路上的鮮花、鼓掌,有處世經驗的人大都能等閒視之,屢經風雨的人更有自知之明。但對於坎坷與泥濘,能以平常心視之,就非容易。大的挫折與大的災難,能不為之所動,能坦然承受之,這就是一種肚量。佛家以大肚能容天下之事為樂事,這便是一種極高的境界。既來之,則安之,便是一種超脫,但這種超脫又需多年磨練才能養成。拿得起,實為可貴,放得下,才是人生處世之真諦。
  僅以上四條佛家妙語,我以為足夠每個人受用終生。歸納起來說,便是擁有健康、拋棄嫉妒、戰勝自己、腳踏實地。這樣做人,便不會有煩惱,不會疾病滋生。人的疾病,既有病理方面,也有心理方面的,後者對人的健康更為重要。心理上有了承受逆境的能力,有了病,也能正確對待,坦然處之,變有病為無病。佛家妙語,精誠之言,給我們凡夫俗子多少可貴的啟示呀!
Author :曹正文   Provenance :大眾生活