Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

植物は、足を実行できる場合

鬱蒼とした森には、虫刺されからの植物、痛みを感じ、すぐにその周囲のパートナーにこの侵入者に注意するために信号を送ります。
この敵の毒の注入が自分自身を守るための手段として、広大な砂漠では、動物の攻撃として知られている植物は、すぐに「常駐」されました。熱帯食虫植物は、その獲物を消化し終えた感じちょうど別グルメ食事を待って、それはその「口」を開設キャッチ - 近くの飛翔昆虫。
この種の動作と同様、動物界では珍しいことではありません。しかし、この現象は科学者だけがそれのごく一部の驚異的な行動の緑の王国のメンバーの間で観察された植物界に観察されます。
植物の挙動は、科学者を驚かせた現象です。過去には、それが唯一の動物が複雑な動きをすることができると考えられていました。しかし、今の科学者は植物が効果的に、動物が行うことができますほとんどすべての操作を行い、時には刺激に迅速に対応することができ、外で走り回っているに加えて、この動作を観察しています。肉食植物や一部のタッチセンシティブ植物は、早期発見の一例です。
最近、科学者たちは、予想外に葉が痛みやコーヒーのリリース□同様のを抑制するためにカリカリ昆虫、植物や動物が発表した神経ホルモン、ほぼ化学物質であるときことを見出しました。生体内では、ホルモンは、アラキドン酸がプロスタグランジンと呼ばれる物質に変換されるのに役立ちます。植物では、ホルモンは、ジャスモン酸、プロスタグランジンと類似性に変換される(落花生、動物のような植物中の物質アラキドン酸)、リノレン酸を助けます。
痛みやけがのこの化学反応が行われてきた植物組織に噴霧動物界と植物界だけでなく、アスピリン溶液にとても似ている、ちょうど人間の体のように、これらの応答を減らすことができます。
プロスタグランジンのようなジャスモン酸は葉が□□抑制と呼ばれるタンパク質を生成させることができ、身体の戦いの細菌攻撃を助けることができます。 □これは、この葉を食べて消化不良の昆虫を引き起こす可能性があり、それはまた、葉は十分に持っていた良い教育の昆虫の誤った感覚に昆虫を可能にコレシストキニンと呼ばれる物質を生成することができます休暇に。
植物は彼らの隣人に連絡することを通信することができます。攻撃および傷害の下で、多くの植物は、揮発性のジャスモン酸を解放することができたとき、彼らは彼らの防衛システムを起動する前に、この信号は近くの植物、昆虫のクランチをかぐことができます。この信号は、過反応であってもよいが、それは植物の周りに有利です。
いくつかの行動は本当に素晴らしい植物は、例えば、いくつかの植物は、被写体の顔、そしてつかむ能力で仮痴漢触手を表示することができています。 (おそらく損失を含む細胞壁を通して細胞からの塩及び水の)細胞収縮、一方、他の細胞増殖の触手。その結果、巻線とどのような挙動を示すために触手を登ります。
スピードが動物に排他的ではありません。空気中に「水の玉型」菌(厳密に言えば、それは植物ではない)として知られている状態、油圧システムの使用、胞子は、銃口速度は、最初の数ミリメートル以内に時速約72キロメートル、ゼロです。この現象は、それが二番目に大きい加速を表し、自然の中で発見されました。
自然界では、多くの昆虫毒注入は、自分自身を守るために攻撃を受けています。同様に、植物は毒カブトムシを追い払うために彼らの葉を食べるスプレーすることができます。この機能は、銃の防衛として知られています。メキシコで栽培された植物、有名なこの機能。十字交差ネットワークの文脈における葉と茎は、高圧液体刺激が充填されたチューブからなる形成されています。虫刺されたら、ここまで約1.5メートルまでのように噴出毒のチューブ、。これらのチューブは、連続的に隣接する組織を圧迫柔軟性と水度が高いです。
植物がない筋肉、なぜ彼らはスプレーできますか?ゆっくり弾性使ってシンクに縛ら小枝を、想定しかし確実に元の状態、水タンクリフトに戻ります。弾性体からだけでなく、感知システムと、反応系からのみならず、この機能。これらのシステムは、植物調節体内の水分圧とその成長を助けます。それは、彼らは動物の筋肉に似ているので、植物は非常に強力振る舞いです。

在茂密的森林中,一棵植物被蟲咬,感到劇痛,立刻向它周圍的夥伴們發出信號提防這入侵者。
  在遼闊的沙漠裡,一株被稱為「居留者」的植物遭到動物的攻擊就立刻對這敵人噴射毒液作為自衛手段。一種熱帶食蟲植物感到它已消化完了它剛才逮住的獵物,就張開它的「嘴」,等待另一頓美食——一隻在附近飛的昆蟲。
  像這一類的行為在動物界裡並不稀奇。但在植物界裡觀察到的這種現象只是科學家們在綠色王國的成員中觀察到的令人驚愕的行為的一小部分而已。
  植物的行為是使科學家們驚異的一種現象。在以前,人們以為只有動物才可能做出複雜的動作。但是,現在科學家們觀察到,除了到處跑這一行為以外,植物幾乎能做動物能做的一切事情,能有效地、有時甚至迅速地對刺激作出反應。食蟲植物和某些觸敏植物是較早發現的例子。
  最近,科學家們意外地發現,當葉子被昆蟲咬嚼時,植物釋放出的化學物質幾乎與動物為了抑制疼痛而釋放的神經激素內啡□類似。在動物體內,這種激素幫助把一種稱為花生四烯酸的物質轉化為前列腺素。在植物體內,這種激素幫助把亞麻酸(在植物體內類似於動物體內的花生四烯酸的一種物質)轉化為茉莉酮酸,一種特性類似前列腺素的物質。
  這種在動物界和植物界中對疼痛和受傷所作出的化學反應是如此類似,以至在植物組織上噴灑阿斯匹林溶液,就像對人體那樣,可以減輕那些反應。
  就像前列腺素能幫助人體抵抗細菌的攻擊一樣,茉莉酮酸能引起葉子製造出一種稱為蛋白□抑制的□。這種□能引起那些吃了這種葉子的昆蟲消化不良,它還能幫助葉子產生一種稱為縮膽囊素的物質,它能使昆蟲產生一種虛假的感覺,好教昆蟲覺得已經吃飽了,就離去。
  植物能與它們的鄰居們通訊聯絡。當受到攻擊和傷害時,許多植物能釋放揮發性的茉莉酮酸;這一氣味信號能使附近的植物,在昆蟲咬嚼它們之前就開動它們的防禦系統。這種信號可能是一種過度的反應,但對它周圍的植物卻是有利的。
  植物的一些行為真是令人驚歎,例如,有些植物的觸鬚能在碰到物體時表現出摸索、試探,然後抓住的能力。觸鬚中的細胞收縮(也許因為細胞中含的鹽分和水透過細胞壁而損失),與此同時,另一些細胞擴張。結果,觸鬚表現出纏繞和攀援東西的行為。
  速度並非動物所專有。一種被稱為「水玉石黴菌」的真菌(嚴格地說,它不是植物),使用一種水壓系統把孢子射向天空,初速為零,在最初的幾毫米內達到時速約72公里。這一現象代表在自然界中已發現的第二個最大的加速度。
  在自然界,許多昆蟲在受到攻擊時都噴射毒液以自衛。與此類似,植物能噴射毒液把吃它們的葉子的甲蟲驅走。這一功能稱為噴槍防禦。生長在墨西哥的一種植物即以此功能著稱。在葉片上和莖上縱橫交錯的脈絡形成了充滿高壓刺激性液體的管子構成的網絡。一旦昆蟲咬了其中的一根管子,毒液就噴射,最遠可達約1.5米。這些管子有高度的彈性而且不斷地受到鄰近的輸水組織的擠壓。
  植物沒有肌肉,它們為什麼能噴射?假設一根樹枝被綁在一隻水槽上,它利用彈性慢慢地但確實地回復到原來的狀態,把水箱提起來。這一功能不僅來自彈性,也來自傳感系統和反應系統。這些系統能幫助植物調節體內水的壓力和它們的生長。正是由於它們與動物的肌肉類似,所以植物表現得強壯有力。Provenance :中國青年科技   Translator :何兆樞