Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

生きている、実際には、多くの方法があります

あなたは彼女の医療紹介受注、医師とあまり興奮や関心を持って見たとき、ちょうど定期点検の手配は、入院やベール会談を固定してください。
会談3:50まで毎週火曜日15:00一定時間でした。彼女はその後、おずおずと頭を下げ、彼女はほとんどもう少しを閲覧できなかった、真剣かつ高貴なフェンスで囲まれそびえ立つ本棚ポイントがある、医師のオフィスに全く奇妙な環境を歩きました。
彼女の医療記録に説明したように:内気、内向的、極端な難易度、重度の自閉症と話すこと、防衛変装ファンタジーや妄想を疑います。
それは彼の頭を掛けとささやいた、またはあなたが少し脂肪頬を見ることができているが、明確なそばかすがあります。彼女が移動した場合、医師の新しい会議の開口部は、調整の問題は後に尋ねました。彼女は彼女の頭を垂れ、スズメ、一般的に小さな声を横に振った、単に答え:いいえ。
数日後、医師は、彼女のために非常に簡単に話を書くよりも、元の表現をすることをを発見しました。彼は、彼女は、任意の便利な紙で任意のテキストを書き留めランダム考え、ランダムなスタートを書くために彼女に尋ねました。
彼女のストロークはほとんど一緒に混雑しひるむ、非常にスリムです。読んで誰にもはっきりと平均識別するために、少しの努力です。特に、彼女は言葉を使用し、非常に敏感であり、それはあまりにも抽象的表現とすることができ、また、非常に詩的であると言うことができます。
その後、医師は彼女の成長を知ってもらいます。彼女は深刻な道徳的な村に恐らくは苦しい生活のため、誰もが非常に強力かつ実行可能である、そこに育っています。
彼女は、対照的に、家庭での非常に臆病な減少である、とさえかなり簡単に出て行かないだろう笑われる育ちました。彼女の父親の前では、多くの場合、将来的に発生した、またはいくつかのしつこいので、どのように直接子供が正常でないと言うことができることを心配してため息をつきます。
正常ではない?彼女はを聴いて育った、と徐々に私は彼が正常ではないと信じています。小学校のキャンパスでは、学生が簡単になることができ、友人とのチャット、そして彼女が話す方法を知らないかもしれない、付き合うたかったです。彼女の家族はあまり話がでない場合、学校での前に、そして、言語の彼女の発音を決めたようだなどが深刻な問題を抱えています。家族はため息や批判取り、そして彼女のより多くのチャットを考えたことはありません。学齢期になるように、彼女はほとんどせせらぎや程度、コントラストによってより不慣れな環境に送られ、学生ました。彼女は本当に正常ではない、望んでいました。
後に、特別な学校にするだけでなく、うつ病と診断され、最年少すると、医師は彼女に自閉症の診断を行いました。脆弱な神経がついに崩壊後に、彼女は長期老人ホーム、統合失調症の診断のほかに入院しました。
そして彼女は、同じ恐怖軽減されていない、またそれは暗黙のうちに奇妙な治療のすべての種類を受け入れ、増加しました。
両親は彼女の存在を忘れてしまったように見えます。最初に、また訪問する毎月のすべての方法は、さえ半年後に一度来ませんでした。 、最初から子供のように4人の兄弟姉妹はいつも父親の自転車の音を聞いて、それだけでお父さんオフ絡み合いが不足します。パパは遠く戻って飛んで、だけでなく、簡単に彼のポケットから粗い黒飴の塊を変更する二輪に乗ってから、魔術師でした。しかし、時には十分ではない点は、常に彼女がに伸ばし、最終的には立つが、それは無駄でした。
自宅から学校に、学校から仕事に、彼女はサークルから独立しています。落ち込んで、自殺念慮と心が定着し、もつれまでは行きません。彼女は彼の最も賞賛先生に手紙を書きました。
私たちは、彼女はいくつかの奇妙な言葉で最も耐え難い感情のいくつかを記述するために、常に些細な奇妙な男、だと思うので、それが理解できないと同定されました。家族は彼女の考えを理解していなかった、学生は心が彼女を訪問するために彼の医者の友人を召喚ようにしても彼らの最も賞賛教師の先入観で、ナンセンスと妄想のちょうど束を考える、ということを理解していません。彼女は精神病院に入院した理由です。
いくつかの時代遅れの雑誌と病院の家具は、寄付さコミュニティの善意の人々です。いくつかは、どのようにどのような女性であるためには、テーラーを調理する人を教え、ハリウッドの映画スターの幸せな生活の一部についていくつかの話、他のものは、いくつかの詩や小説を書くことは難解です。いくつかは、彼女自身が好き、だけでなく、病院での損失と退屈な、単にペンに提出をピックアップします。
私も公表一流文芸誌では、学校や病院での自宅にあるもの、常に考慮理解不能な言葉を期待していませんでした。
少し恥ずかしい元病院の医師は、迅速に、より積極的な治療の一部を取り出し、彼女は慎重に区別し、この会話に耳を傾けるようになったかどうか任意のメタファーやシンボルを逃しました。家族は少し誇りに感じて、私は突然、このような娘がいたが、自宅で自分自身を発見しました。でも、旧市街の隣人は、Q信じられないほどです:今年は、それが文学の作家のためのこの偉大な賞を得たことを不思議な少女ですか?
彼女は病院を去り、そして海外の奨学金に頼るによります。
彼女は精神医学の最も有名なMaudsly病院レポートに自分の医療記録のイニシアチブで、英国に来ました。このように、交渉を固定する工程では、無意識のうちに2年、英国の精神科医は慎重に病気ではないことを証明する診断書をオープンしました。
その年、彼女が34歳でした。
ただ、子供の頃から始まっているので、彼女の外見は彼女に深いマークをマークする、いわゆる「正常でない」、社会人の規制要件を満たしていません。
社会の人々は決して合理的または科学的想像しなかったが、独善的な要件一貫性の標準です。どれがノルムを逃れる例外が強制送還されたとして、それが却下されました。そして、幼児期や青年期の直面している社会的集団拒否で、それだけで人生の完全異常な方法を開発することです。このように、主流社会の目には、彼らは通常ではありません。
ストーリーは、実行していき、これらの人々は本当に社会のすべてのコーナーが正常か問題のある人でないとなっています。ほんの数幸運なもの、遅延が中年機会に拡張、それが最終的に受け入れられ、確認されたが。
これは、ニュージーランドの作家ジェーン・ナイトフランク本当の話、4〜5年での話です。彼女はまた、作成するために精力的に働いていた、今日はよくニュージーランドの最大の作家として認識され、まだ生きています。

看見她自己帶來的醫療轉介單時,這位醫師並沒有太大的興奮或注意,只是例行地安排應有的住院檢查和固定會談罷了。
  會談是固定時間的,每星期二的下午3點到3點50分。她走進醫師的辦公室,一個全然陌生的環境,還有高聳的書架分圍起來的嚴肅和崇高,她幾乎不敢稍多瀏覽,就羞怯地低下了頭。
  就像她的醫療記錄上描述的:害羞、極端內向、交談困難、有嚴重自閉傾向,懷疑有防衛掩飾的幻想或妄想。
  雖然是低低垂下頭了,還是可以看見稍胖的雙頰還有明顯的雀斑。這位新見面的醫師開口了,問起她遷居以後是否適應困難。她搖搖低垂的頭,麻雀一般細微的聲音,簡單地回答:沒有。
  後來的日子裡,這位醫師才發現對她而言,原來書寫的表達遠比交談容易許多了。他要求她開始隨意寫寫,隨意在任何方便的紙上寫下任何她想到的文字。
  她的筆畫很纖細,幾乎是畏縮地擠在一起的。任何人閱讀時都是要稍稍費力,才能清楚辨別其中的意思。尤其她的用字,十分敏銳,可以說表達能力太抽像了,也可以說是十分詩意。
  後來醫師慢慢瞭解了她的成長。原來她是在一個道德嚴謹的村落長大,在那裡,也許是生活艱苦的緣故,每一個人都顯得十分的強悍而有生命力。
  她卻恰恰相反,從小在家裡就是極端怯縮,甚至寧可被嘲笑也不敢輕易出門。父親經常在她面前歎氣,擔心日後可能的遭遇,或是一些嘮叨,直接就說這個孩子怎會這麼的不正常。
  不正常?她從小聽著,也漸漸相信自己是不正常了。在小學的校園裡,同學們很容易地就成為可以聊天的朋友了,而她也很想打成一片,可就不知道怎麼開口。以前沒上學時,家人是少和她交談的,似乎認定了她的語言或發音之類的有著嚴重的問題。家人只是歎氣或批評,從來就沒有想到和她多聊幾句。於是入學年齡到了,她又被送去一個更陌生的環境,和同學相比之下,幾乎還是牙牙學語的程度。她想,她真的是不正常了。
  最年幼時,醫生給她的診斷是自閉症;後來,到了專校了,也有診斷為憂鬱症的。到了後來,脆弱的神經終於崩潰了,她住進了長期療養院,又多了一個精神分裂症的診斷。
  而她也一樣惶恐,沒減輕,也不曾增加,默默地接受各種奇奇怪怪的治療。
  父母似乎忘記了她的存在。最初,還每月千里迢迢地來探望,後來連半年也不來一次了。就像從小時候開始,4個兄弟姐妹總是聽到爸爸的腳踏車聲,就會跑出糾纏剛剛下班的爸爸。爸爸是個魔術師,從遠方騎著兩個輪子就飛奔回來了,順手還從黑口袋裡變出大塊的粗糙糖果。只是,有時不夠分,總是站在最後的她伸出手來,卻是落空了。
  從家裡到學校,從上學到上班,她都獨立於圈圈之外。直到一次沮喪,自殺的念頭又盤踞心頭而糾纏不去了。她寫了一封信給自己最崇拜的老師。
  既然大家覺得她是個奇怪的人,總是用一些奇怪的字眼來描述一些極其瑣碎不堪的情緒,也就被認定是不知所云了。家人聽不懂她的想法,同學也搞不清楚,即使是自己最崇拜的老師也先入為主地認為只是一堆囈語與妄想,就好心地召來自己的醫生朋友來探望她。這就是她住進精神病院的原因。
  醫院裡擺設著一些過期的雜誌,是社會上善心人士捐贈的。有的是教人如何烹飪裁縫,如何成為淑女的;有的談一些好萊塢影歌星的幸福生活;有的則是寫一些深奧的詩詞或小說。她自己有些喜歡,在醫院裡又茫然而無聊,索性就提筆投稿了。
  沒想到那些在家裡、在學校或在醫院裡,總是被視為不知所云的文字,竟然在一流的文學雜誌刊出了。
  原來醫院的醫師有些尷尬,趕快取消了一些較有侵犯性的治療方法,開始豎起耳朵聽她的談話,仔細分辨是否錯過了任何的暗喻或象徵。家人覺得有些得意,也忽然才發現自己家裡原來還有這樣一位女兒。甚至舊日小鎮的鄰居都不可置信地問:難道得了這個偉大的文學獎的作家,就是當年那個古怪的小女孩?
  她出院了,並且依憑著獎學金出國了。
  她來到英國,帶著自己的醫療病歷主動到精神醫學最著名的Maudsly醫院報到。就這樣,在固定的會談過程中,不知不覺地過了兩年,英國精神科醫師才慎重地開了一張證明沒病的診斷書。
  那一年,她已經34歲了。
  只因為從童年開始,她的模樣就不符合社會對一個人的規範要求,所謂「不正常」的烙印也就深深地標示在她身上了。
  而人們的社會從來都沒有想像中的理性或科學,反而是自以為是地要求一致的標準。任何逸出常態的,也就被斥為異常而遭驅逐。而早早就面臨社會集體拒絕的童年和少年階段,更是只能發展出一套全然不尋常的生存方式。於是,在主流社會的眼光中,他們更不正常了。
  故事繼續演繹,果真這些人都成為社會各個角落的不正常或問題人物了。只有少數的幸運者,雖然遲遲延到中年之際,但終於被接納和肯定了。
  這是新西蘭女作家簡奈特·弗蘭的真實故事,發生在四五十年代的故事。她現在還活著,還孜孜不倦地創作,是眾所公認當今新西蘭最偉大的作家。
Author :王浩威   Provenance :台港文學選刊