Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

サンタクロースの起源

早いサンタクロースの起源についての物語。 4世紀ADについて、ローマカトリック司教は、ニコラスがためにとても有名な、多くの宗教的な古典を書いた呼びかけています。死は、彼は聖人として崇敬されました。北欧諸国では、今年、彼はその日を記念して開催される12月6日に死亡しました。聖ニコラスの話は広く米国にオランダの入植者の1で、循環、様々です。彼らはすべてのクリスマスはおとなしい従順は多くの贈り物を残した子どもたちに、家の訪問に家から白い馬に乗っ聖人であるべきと考えています。地域に住む他のアメリカ人が非常に多く、この物語、聖ニコラスは、独自のクリスマスのお祝いを「アレンジ」することを決めた感謝しています。
オランダの聖ニコラスの想像力は深刻な、畏敬の念を起こさせる男で、彼は罰を与えるが、また誰かにプレゼントを与えます。彼の子供たちがクリスマスの詩を書いたためにサンタクロースの新しいイメージを作成するために1812年に、クレメント・ムーア、「聖ニコラスの訪問を、」アメリカ人と呼ばれます。この詩では、セントニコラス・ムーア 8匹の白鹿離れギャロップする1によって引っ張らそりを駆動し、幸せ少し古い人間として描か。すべてのストップの前にソリ、少し古い男のクリスマスは家や囲炉裏に煙突で提示しています。この詩は、後にニューヨークの新聞に掲載された、米国はまだしっかりとサンタクロースを信じていたアメリカの子供たちで、その結果、迅速にキャッチ。
サンタクロースのイメージを形作る上でトーマス・レスターという名前の別のアーティストにも重要な役割を果たしてきました。 1860年以来、サンタクロースのように毎週の絵のために、これらの肖像画は、ドイツの親切な老人の子供の頃の彼の記憶に基づいているレスターは知っていたのと絵。彼のブラシの下では、サンタクロースは、百年後には、黒帯を身に着けている、ぽっちゃり、笑顔老人、赤い鼻、白ひげ、白い毛皮の襟と赤のドレスを着ています今日、サンタクロースのこの同じイメージは、米国全体でどこでも見つけることができます。

關於聖誕老人的故事起源很早。約在公元四世紀,羅馬天主教徒中有一個叫尼古拉的主教寫了許多宗教經典著作,從而聞名於世。死後,他被推崇為聖人。在北歐的一些國家裡,每年12月6日他死的那一天都要舉行紀念活動。關於聖尼古拉的故事是各種各樣的,流傳很廣,荷蘭移民帶著其中一個到了美國。他們相信每年聖誕節這個聖人都要騎著一匹白馬挨家挨戶地拜訪,給那些馴良溫順的兒童留下許多禮物。住在附近的其他美國人非常欣賞這個故事,決定把聖尼古拉「安排」在他們自己的聖誕慶祝活動中。
  在荷蘭人的想像中,聖尼古拉是一個嚴肅認真,威風凜凜的人,他給人懲罰,也送人禮物。到了1812年,一個叫做克萊蒙特·莫爾的美國人為他的孩子寫了一首聖誕詩《聖尼古拉的來訪》,從而塑造了一個嶄新的聖誕老人的形象。在這首詩中,莫爾把聖尼古拉描繪成一個快樂的小老頭兒,駕著一架八匹白鹿拉的雪橇一家一家地馳走。雪橇在每一家門前停下來,這個小老頭兒把聖誕禮物由煙囪放進這家人家的壁爐裡。這首詩後來登在紐約一家報紙上,很快就流行美國,從而產生了美國兒童至今還堅信不疑的聖誕老人。
  另一個叫做托馬斯·萊斯特的藝術家在塑造聖誕老人的形象方面也起了很大作用。萊斯特從1860年起就為一家週刊畫聖誕老人像,這些畫像是憑他對童年時期在德國所認識的一個慈祥的老人的記憶而畫的。在他的畫筆下,聖誕老人是一個胖乎乎的,笑容可掬的老人,紅紅的鼻子,白鬍子,穿著一身帶著白毛領子的紅衣服,紮著黑腰帶,在一百年後的今天,這同樣形象的聖誕老人在美國各地還到處可見。