Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

人間の自然発火の謎

医師の死隊寺井
1966年12月5日には、ペンシルベニア州ポッター市は、ルックアップテーブルガス労働者は午前9時94歳のクラス寺井ファミリー医師ルックアップテーブルに着きました。天候キー・ハン、労働者が老人がまだ立ち上がっていると考え、その日は、それは表を参照するために地下にまっすぐに行ってきました。地下室に入って、彼らは灰の山が冷却地面を発見しました。灰上の天井による熱傷があります
ホール。労働者は驚き、そして急いで二階に医師を見つけること。彼は視力が彼に骨抗議自然な髪を与えた労働生活、に入ったとき。半分だけの脚を燃やしピアス階には、高齢者の体の残りの部分は灰に減少しました。しかし、パッドホルダー通知の下で高齢者のための任意のバイクのカートは無傷です。部屋全体のその部分の到達範囲外の死体に加えて、火災のほとんど、あるいは全く兆候を嗅ぎます。すぐに警察が現場に到着したが、死の彼らの原因は理解できませんでした、そして最終的に急いで閉じました。彼はあなたが無意識は、灰に焼かれたバスルームに行く目を覚ます後に死亡したが、火、水、火の後に服をキャッチ火を寝て、ベッドの中で煙で死亡したことを発表しました。しかし、火葬の専門家は灰に死体が、第一度の熱が90分間2200華氏溶け落ちた後、1800度華氏温度の後に60〜150分を燃やすことを指摘しました。火葬灰の後にそうであっても、単に骨片。最も深刻な住宅火災、温度は1500度華氏を超えることはありません。だから、高齢者は、火災で灰に焼けすることはできません。また、彼は、燃焼するために手のカートのアルミフレームも溶けている家全体はもちろんのこと、火の中に灰にできました。
科学者は、医師が人体自然発火現象クラス寺井(SHC)で死亡したと信じています。人間の自発燃焼灰に減少人体なし外部の火炎接触、内部自発燃焼を指し、すべての可燃性のアイテムの周りに灰が同じ現象が残ります。
史料
1673年イタリアの医療情報に記録されている人間の自発的な燃焼事象の歴史の中で最初に。彼の嘘の部分に加えて、唯一の頭蓋骨といくつかの指骨が、わらのベッドを残して、ベッドのわら灰に横たわって、パリー西安の人々をという男はそのままです。 1744年には、イプスウィッチ、イングランドの都市は、60歳の妻、パット、衣類は無傷であった近くのいくつかは、木材を燃やしたかのように彼女は、床の上の娘が死んでいるのが発見1人の朝を持っています。同様の歴史的な記録は、200以上の場合があります。
インビボでのヒト自発燃焼の19世紀ドイツの化学者のLi自転車ビジョンが生じ、過剰なアルコールに起因し得ます。彼はアルコール濃度の完全な新鮮肉は成功せず、主要な自然発火の数にすることができる見つけることを試みて、テストをしました。 1861年、その「実用的な法医学マニュアル」で有名な法医学KASIボーは、人体自然発火現象のために負を与えました。彼は、この現象は、全く存在しないと考えている「誠実さと科学者の人体自然発火現象の神話を解決したいがある場合、それは本当に悲しいです、今日、1861年。すべての証明」「自発的な燃焼が完全に信用できないです、が提供するいかなる専門知識がありません。」
現代の調査
KASIボーは人体自然発火現象を否定したが、多くの科学者は、この現象を研究して調査することを約束したまま。チャールズ・フォードという男は、徹底的1861以来、人体自然発火現象の事象から見るために集まっています。 1957年5月18日として、フィラデルフィアでは、63歳の未亡人アンナ・マーティン靴や胴体のほんの数を残し、部屋なし火元に灰に減少しました。フォレンジックはこの程度に、少なくとも2000の華氏1700の温度まで言います。ストーブが消滅しましたが、2フィート離れて死んでからの新聞を含むすべての項目は、変更されていません。フォードはサンクトペテルブルクの人の自発的な燃焼で最も詳細は、1951年7月設立フロリダ州で発生した記録しました。夜には、67歳の女性メアリーが快適に柔らかい椅子に座って、彼の母親はまた、彼の息子の良い時間を残したが、12時間以内見て、彼の息子は、母親の部屋に来たが、非常に恐ろしい光景を見て、蒸し暑いです家、母とない椅子、乾燥椎骨のわずか数小片を残して、地面に毛の山があったことを示す、腐食変形を発行燃やし数があり、野球は頭蓋骨の大きさに縮小し、そのまま残しました。体からの新聞を閉じて、数インチしかし、誰焼け以外のリネン。
博士クロウゲーマンは「骨の専門家」の評判調査レディメアリーの死を楽しんで、その結果は以下のとおりです。1.全体屋内燃焼が任意の化学物質を見つけることができませんが、唯一の3000度華氏の熱の後、彼女の頭蓋骨は、ということでしょう表情の種類。 2.人間の災害が全体のインテリアは、火災の原因を見つけることができない、実現しませんでした。ハウスは、最高温度が1500度華氏、そして実際にそれよりも2倍高い存在していた温度が、その場合には、全体のアパートは燃やされるべき一般的である発射します。 3.夫人170ポンド、灰後、建物全体は実際にどんな匂いを持っていません。 4.特別な法医学頭蓋骨の取り込み・
家族は、高い温度が死んで脱水脂肪組織はまた、全体の頭蓋骨と破壊された軟部組織、頭蓋骨骨折を燃やすべきで焼くことができ、およびリセ・フ人がそうしないことを理解しました。クロウクルーグマンは、上記の4つのポイントを説明することはできません。
する謎を公開
三百年、科学者たちはこの問題を探求し続け、より多く200例から、科学者たちはそれを見つけた:男性と女性の同じ割合については、古い114年に4ヶ月から年齢にされている範囲です。そこに飲むと体脂肪や薄いを持っています。いくつかの例は、歩行、走行、ボート、ダンスの過程で発生しました。
一部の人々は、過剰な体脂肪燃焼性とその人体自然発火現象を考えます
この脂肪に関連するキャンドルオイル、芯のような服を点火するために比較しました。一部の人々は、可燃性物質の燃焼を生じさせるように、人間の体は「体内分布」引火性の高い材料構造を一部自然「流体」、それは身体を引き起こす可能性があると思います。他のものは、過剰リンの本体は、その結果、蓄積すると信じている「輝炎」。
一つの説明は、最近、物理学で行われていることで、私は原子よりも小さな体の一種があるかもしれないと思う「燃料粒子は、」火災を引き起こす可能性があります。
より詳細な研究と科学的レベルの向上に伴い、科学者たちは、遅かれ早かれ、人々は困惑、混乱が原因となっている何世紀にもわたってこの秘密のロックを解除すると確信しています。

班特萊醫生之死
  1966年12月5日,美國賓州波特城,一位煤氣查表工人上午九時來到94歲的班特萊醫生家查表。這天天氣奇寒,工人以為老人尚未起床,就徑直走到地下室去看表。一進地下室,就發現地上有一堆冷卻的灰燼。在灰上方的天花板上出現了一個燒透
  的洞。工人大吃一驚,急忙上樓找醫生。當他走進工生間時,裡面的景象使他毛骨諫然。在燒穿洞的地板上只剩下半條腿,老人身體的其餘部分都化為灰燼了。但那輛老人的推車竟連支架下的膠墊都完好無缺。除了死者身體所及那部分外,整個室內沒有一點火災的跡象或氣味。不久警方趕到現場,但對其死因無法理解,最後草草結案。宣佈死者因在床上吸煙,睡著後衣服著火引起火災,醒後去衛生間取水滅火,在那裡失去知覺,被火燒成灰燼。但是一位火葬專家指出,一具屍體化為灰燼,先要經過華氏2200度高溫燒90分鐘,再經過華氏1800度高溫燒60—150分鐘。既使這樣,屍體火化後只是碎骨骨灰。最嚴重的房屋火災,溫度也不會超過華氏1500度。因此老人不可能因火災而燒成灰燼。況且,能將他燒成灰燼的大火,不要說整個房子要付之一炬,就是手扶推車的鋁制框架也會熔化的。
  科學家認為,班特萊醫生死於人體自燃(SHC)。人體自燃指的是人體沒有和外部火焰接觸,內部自發燃燒,化為灰燼,而在灰燼周圍一切可燃性物品都保持原樣的現象。
   歷史的記載
  歷史上第一個人體自燃事件記載在1673年意大利的一份醫學資料上。有個叫帕裡西安的人,躺在草墊床上化為灰燼,只剩下頭骨和幾根指骨,但草墊床、除他躺的部位外都保持原樣。1744年,英格蘭的伊普斯威奇城有一位60歲的帕特夫人,一天早上她的女兒發現她死在地板上,好像一段被燒光的木頭,在附近的衣物卻完好無缺。類似的歷史記載有200多起。
  19世紀德國化學家利比克設想人體自燃可能是由於體內酒精含量過多引起的。他做過一個試驗,想找出充滿酒精的新鮮肉類到了多少濃度能發主自燃,卻未成功。1861年,著名法醫卡斯波在其《實用法醫手冊》中,對人體自燃給予了否定。他認為根本不存在這種現象,「在1861年的今天,如果還有誠實的科學家想去解決人體自燃的神話,那真是太可悲了。所有關於『自燃』的證明都是完全不可信任的,是沒有專業知識的人提供的。」
   現代的調查
  儘管卡斯波否定了人體自燃,許多科學家仍致力於研究和調查這一現象。一位叫查爾斯·福特的人,曾詳盡地收集了1861年以來發生的見起人體自燃事件。如1957年5月18日,在美國費城,一位63歲的寡婦安娜·馬丁在一間沒有火源的房裡化為灰燼,只剩下鞋和一少部分軀幹。法醫說達到這種程度,溫度至少要高達華氏1700一2000度。然而爐子是熄滅的,全部物品,包括離死者二英尺的報紙都沒有變化。福特記錄最詳盡的一起人體自燃事件發生在1951年7月立的佛羅里達的聖彼得斯堡。傍晚,67歲的瑪麗夫人舒適地坐在軟椅上,他的兒子離去時看見母親還很好,可是不到十二小時,他兒子來到母親房間,卻見到了極可怕的景象,悶熱的屋子裡,母親和椅子沒有了,地面上有幾塊燒得腐蝕變形的發卡,表明那兒曾是一堆頭髮,剩下的只是幾小塊焙乾的椎骨,一個縮成棒球大小的頭骨和一隻完好無缺的左腳。離屍體很近的報紙和幾英吋以外的一塊亞麻布卻無燃燒的痕跡。
  享有「骨骼鑒定專家」聲譽的克洛格曼醫生調查了瑪麗夫人的死因,結果是:1.整個室內找不到任何助燃化學物品,而只有經過華氏3000度高溫,她的頭骨才會成為那種樣子。2.沒有發生人災,整個室內找不到火源。房屋火災最高溫度一般為華氏1500度,而實際存在過的溫度比這高一倍,在那種情況下,整個公寓都應燒盡。3.夫人體重170磅,燒成灰後,整個樓內竟沒有任何氣味。4.收編的頭骨·法醫專
  家瞭解,能將死者脂肪組織燒盡脫水的高溫應同時把頭蓋骨軟組織全燃毀,使頭骨破裂,而裡瑟夫人卻不如此。克洛格曼對上述四點都無法解釋。
   待揭之謎
  三百多年來,科學家對這個問題不斷探索,從200多個案例中,科學家發現:男女比例大約一致,年齡從4個月到114歲都有。飲酒有度和身體胖瘦都有。有的案例發生在走路、開車、划船、跳舞過程中。
  有的人認為人體自燃與體內過量的可燃性脂肪
  有關,把這種脂肪比喻為燃起的燭油,衣服如同燭蕊。有些人認為人體內有某種天然的「電流體」,它能造成體內可燃性物質燃燒以至於造成高度可燃性物質結構的「體內分解」。還有人認為體內磷積累過多,產生了「發光的火焰」。
  新近一種解釋是從物理學角度進行的,認為體內可能存在一種比原子還小的「燃粒子」,可以引起燃燒。
  隨著更多的深入調查研究和科學水平的提高,科學家們相信遲早會解開這個幾世紀來一直使人因惑不解的秘密。
 

Author :吳然   Provenance :科學文摘