Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

すべてを置くための時間

あなたはそのことを通過していない場合、私は、プラセボの傷を癒すだけでなく、審査官のメリットだけでなく、「時間」を知りません。
三年以上前、私は民間のラジオ局で働いていた、そこに真似た同僚は、完全な放送の全ては、主要なアクセスから上記に、台湾の友達局を示し、そしてショーはまた、エピソード委員会システムあたり$ 6,000「報道局」を受賞しました資金調達。私はへの告発の手紙を書いた「行政院新聞局。」私は「報道局」は、実際に会社に戻った手紙を期待していませんでした。検察官に続いたラジオボス、解釈個人的に、「のプレスサービス」。
一つは、上司が解雇されるように、脇に直面失い、想像することができます。クレジットは私のチーフスポンサーの世話をするために行く、当事者は、彼らの最後の足で行かなければなりません。
苦労していた「黒五」標識しました。私の顔これらの三つの言葉で書かれた「情報提供」 - そして「被害者は、」産業界との個人的な友情が、私は軽蔑に直面して見ています。そして、私の同僚は、私の後ろに話しています。ちょうどので、私は私の人格は、すべての大規模なフォーク民間の道徳と呼んだと思う純粋な動機の手紙。
私は本当に間違っている?常に交渉することができます収穫を待つ、支払う必要はありませんか?社会的公正と正義の現実ではないですか?
最も脆弱なその瞬間、私の姉妹と私より深いをサポートすることが知られています。まだ、非常に共感を混同し、私のバッキングを行うために愛するように、この愚かな姉の誰もが私に地獄を与えた後、私はまだ、暗い曇りで少しでも明るい日光を見ることが仕事しましょう。
そして私は、他人の起訴以来、自分をごまかすだけでなく、仕事のために右である何をすること。だから私は少しも怠惰ではなく、彼らの努力のニュースを倍加海に山、前方に移動するために走りました。私はあまりにも意味するものではありませ、温かい笑顔で報告された私の同僚を軽蔑し、私はニュースを交換しながら、約一年後、彼は「被害者」に向かっていました。
私は、彼らは私が右のビューを持っていたことを認識していることを嬉しく思います。太陽の下で雪のように、そして最終的には根本的な裸、人にきざ現実だった対人内部告発は、確認してください。その日、私は唯一のオリジナルの試用期間の真実を待って、とてもうれしいです。
その後、奇跡が起こった、私が取材賞ゴールデンベル賞にノミネートされました。小南駅、これは大変な名誉です。発表されたファイナリストは、私はすぐに教会謝Enに行き、私は苦い涙を流して幸せだったエグゼクティブスポンサーを残していました。
このような運命はおそらくたくさんのお金がカムバックを作るために、しかし非公理、とは一日も専用のものを疑問に、人格から拒否された、最終的に彼の手の果物や友情の最終的な成功を見て、考え方は非常に苦いです。
チェンは、引き戻す実際にそれを介して濾過魔法の時間魔術師であり、誰が見られていないふりをすることはできません。テストに1つのプットずつ、善悪どれ正しいか間違っているが、 - 私がそうである告発の無謀なく、真の手紙でした。
あなたが人生の困難さと一致した場合は、落胆することはありません、時間があなたの痛みを癒すのに役立ちます。

如果不經歷那件事,我不會知道「時間」不單是撫平傷口的安慰劑,也是是非曲直的檢驗師。
  三年多前,我在一家民營電台任職,台內有位同仁剽竊友台的節目,從訪問到主述,全部完整播出,且該節目還獲「新聞局」每集6000元的委制經費。我寫了一封檢舉信到「新聞局」。沒想到「新聞局」竟然把信寄回公司。接著電台老闆帶著那位被檢舉人,親往「新聞局」解釋。
  可想而知,老闆臉上無光之餘,要炒魷魚。幸得愛護我的長官保薦,方得苟延殘喘下去。
  被打成「黑五類」的日子不好過。與「被害者」有私誼的同業一見到我就滿臉不屑——「告密者」,我的臉上寫了這三個字。而同事們也在我的身後議論紛紛。只因為一封我自認為動機單純的信,使我的人格、私德全部打了個大叉。
  我真的錯了嗎?難道不必付出、坐等收穫者,可以永遠撿便宜?現實社會難道沒有公平正義?
  在那最無助的時刻,支持我的是知我甚深的幾個姐妹。大家在數落了我這傻大姐的糊塗作為後,仍以無比的同情及愛心做我的後盾,讓我在晦暗的工作陰霾下,仍得以看見絲絲亮麗的陽光。
  而我,既然檢舉別人的作弊,自己更要行事端正才行。於是我加倍努力跑新聞,上山下海,勇往直前,不敢有絲毫怠惰。大約一年後,當初向著「被害者」而對我不齒的同仁報我以親切的笑容,也不吝於與我交換新聞了。
  令我欣慰的是,他們都承認我當初的看法沒錯。那位被檢舉者待人接物的勢利現實,一如陽光下的融雪,終至底層裸露,讓人看清楚。那一天,我好高興,原來真理只需等待時間的試煉而已。
  後來,奇跡發生,我入圍了金鐘獎的新聞採訪獎。對南部小電台來說,這是極大的榮耀。入圍名單揭曉,當初保薦我留下的長官立刻跑到教堂謝恩,而我則快樂地流下了辛酸的眼淚。
  這樣的際遇也許算不得東山再起,但是從人格被否定、到懷疑是非公理何在、以至兢兢業業的日子,最後終見到友誼的雙手與成功的果實,心路歷程頗為辛酸。
  回首前塵,時間真是個神奇的魔術師,經它過濾,沒有人可以偽裝而不被發現。任何對錯、是非,一一接受考驗——我那魯莽卻真實的檢舉信即是如此。
  如果,你正逢生命難關,別洩氣,時間會幫你撫平傷痛的。

Author :儲子   Provenance :海外星雲