Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

興味深い話

A
そのような広告の米紙テン:「ワンドルは、高級車を購入します。」
ハリーは、広告は懐疑的な見た:「今日はああエイプリルフールではありません!」しかし、彼はまだChuaizhuo 1米ドルを、見つけるために、新聞に与えられたアドレスに応じました。
とても素敵な家の前で、ドアをノックハリー。
ノーブル・ヤング女性が彼のためにドアを開け、彼が望んで尋ねた後、ハリーは、ブランドの新しい高級車を指し、ガレージ若い女性を受け取ったと述べた:「まあ、それはそれです」
ハリーは、最初に考えたのです点滅:「悪い車」彼は言った:「?。妻、私はそれを運転しようとすることができます」
「もちろん、あなたが!缶」とハリーはポケットの周りに運転し、すべてが正常です。
ハリーはJuzhaoの要件を探し、「車は右?、財産を盗まれていない」、若い女性は彼が読んでいました。
だから、ハリーはドルを支払いました。彼は残すように運転したときは、まだ困惑。彼は言った:「マダム、あなたはなぜ私に言うことができます?」
ため息を持つ若い女:「まあ、あなたにそれを真実を伝える、これは彼が、私にすべての財産が残っているだけこの車を入れて、私の夫の所有物である、それは彼の愛人だったが、彼に彼女の意志インチ彼の愛人にこのお金を販売する私にはオーバー車のオークションこの権利を、 - 。私はそれを販売することを決め、1米ドルはすることができ "
ハリーは突然、彼は喜んで家に車を運転し、実現します。途中で、ハリーは彼の友人のトムに会いました。トムは不思議な車の起源について尋ねました。ハリーが終わっなど、トムは地面に沈んだ。「ああ、神は、一週間前、私はこの広告を見ました!」
覚えておいてください:何が​​起こるかわかりません。でも奇跡、それを取得する方法の奇跡を信じることができなかった人たち!
二つ
お粥を販売する2店があります。毎日ほぼ同じ顧客の左右には、外に人の安定した流れです。
しかし、夜の決済が、これは常に余分百ドルに右よりも左です。毎日。
だから、私はお粥の店の右側に入りました。
女性は微笑んでも私にスープを与え、私を歓迎しました。私はプラス言った:私に尋ねた「プラス卵なしで、?」。だから、彼女は私が卵を追加しました。
また、増加は、おそらく半分と半分が提起されていないことを言った:それぞれの顧客に来て、ウェイターが尋ねるべき「プラス卵なし?」。
私は店の左側に入りました。
同じウェイトレスは微笑んでも私にスープを与え、私を歓迎しました。私に尋ねた:私は笑って言った「卵を追加、または2個の卵プラス?」:「プラス1」
その後、顧客は、入って来たウェイターに尋ねた:「卵や卵プラス2を追加しますか?」好きな卵はプラス2が必要です、それはプラスを必要と食べません。そこにも追加することがないよう求めませんが、めったにされています。
ある日ダウンし、店は卵の多くを販売する右よりも左に。
他の人のための部屋を残すだけでなく、自分自身のために可能な限り最大の領土のために努力します。この方法でのみ、私たちは静かに勝ちます。


  美國的一家報紙上登了這麼一則廣告:「一美元購買一輛豪華轎車。」
  哈利看到這則廣告半信半疑:「今天不是愚人節啊!」但是,他還是揣著一美元,按著報紙上提供的地址找了去。
  在一棟非常漂亮的別墅前面,哈利敲開了門。
  一位高貴的少婦為他打開門,問明來意後,少婦把哈利領到車庫裡,指著一輛嶄新的豪華轎車說:「喏,就是它。」
  哈利腦子裡閃過的第一個念頭就是:「是壞車。」他說:「太太,我可以試試車嗎?」
  「當然可以!」於是哈利開著車兜了一圈,一切正常。
  「這輛轎車不是贓物吧?」哈利要求驗看車照,少婦拿給他看了。
  於是哈利付了一美元。當他開車要離開的時候,仍百思不得其解。他說:「太太,您能告訴我這是為什麼嗎?」
  少婦歎了一口氣:「唉,實話跟您說吧,這是我丈夫的遺物。他把所有的遺產都留給了我,只有這輛轎車,是屬於他那個情婦的。但是,他在遺囑裡把這輛車的拍賣權交給了我,所賣款項交給他的情婦——於是,我決定賣掉它,一美元即可。」
  哈利恍然大悟,他開著轎車高高興興地回家了。路上,哈利碰到了他的朋友湯姆。湯姆好奇地問起轎車的來歷。等哈利說完,湯姆一下子癱在了地上:「啊,上帝,一周前我就看到這則廣告了!」
  請記住:什麼事都有可能發生。那些連奇跡都不敢相信的人,怎麼能獲得奇跡呢?!
  二
  有兩家賣粥的小店。左邊這個和右邊那個每天的顧客相差不多,都是川流不息,人進人出的。
  然而晚上結算的時候,左邊這個總是比右邊那個多出百十元來。天天如此。
  於是,我走進了右邊那個粥店。
  服務小姐微笑著把我迎進去,給我盛好一碗粥。問我:「加不加雞蛋?」我說加。於是她給我加了一個雞蛋。
  每進來一個顧客,服務員都要問一句:「加不加雞蛋?」也有說加的,也有說不加的,大概各佔一半。
  我又走進左邊那個小店。
  服務小姐同樣微笑著把我迎進去,給我盛好一碗粥。問我:「加一個雞蛋,還是加兩個雞蛋?」我笑了,說:「加一個。」
  再進來一個顧客,服務員又問一句:「加一個雞蛋還是加兩個雞蛋?」愛吃雞蛋的就要求加兩個,不愛吃的就要求加一個。也有要求不加的,但是很少。
  一天下來,左邊這個小店就要比右邊那個多賣出很多個雞蛋。
  給別人留有餘地,更要為自己爭取盡可能大的領地。只有這樣,才會於不聲不響中獲勝。

Author :王國華   Provenance :風流一代