Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

読むために子供たちを教える方法

私はいつも子供の適度な知性は、成長している中で、限り、彼はいくつかの興味深い、パズルの本に自由にアクセスする機会を持っているとして、彼は確かに読書の楽しさに魅了され、読書の習慣を開発するのが自然であると考えられています。理由は生活の中で、環境やストレスの成人期にこの習慣を持続することができない場合であっても、自発的な早期の読書テキスト蓄積された経験は、少なくとも比較的滑らかな書き発現人で彼を快適に。
多くの親は頻繁に彼らの子供たちが読んで、または読み取り専用のような漫画本の謎をしていないことを心配します。これは、もちろん、それはまだ基本的に子どもの読書について非常に懸念しているので、心配の親です。子供たちは、より慎重な読書習慣を開発しなかった場合、私はこの問題は、これらの親の初めに出になると思うと思ったことはなかっただろう、なぜ先に自分のキャプチャの子供の注意の1つのステップ以上のクラスの漫画を作ります。
これらの両親が探査の関心の時間を書くの開発のため、単語の先頭に自分の子供かどうかを認識し、彼は本を読むことができ、ガイドの一部に囲まれたのか、それとも単に子どもたちがテレビの前に座っせる毎日を設定し、時間を渡すために、または学生で作られましたビデオゲームをプレイし、漫画をつかみますか?
書き込みや愛について、単に好奇心、彼は、書籍インスピレーションをあなたの指先から満足を得ることができない場合、お子様は、7または8〜12または13の間、自然発生的に非常に短い時間の本を愛し、私たちはこの段階を通過し、彼の心は、意志他の多くのものに惹かれる、彼の心が成長の痛みの多くによって占有され、啓蒙の両親の読み取りは、おそらくも失い始め、彼が構築を支援し、生涯読書習慣のための可能な機会。
あなたは簡単にハンス・クリスチャン・アンデルセンやグリム童話や中国、面白いおとぎ話の内側に立って、小さな本棚を置くために彼の家の場所に歩くことができる、自宅20や小学生のグレードできると仮定し、世界の比較的簡単な歴史があり、地理、有名人の伝記、昆虫の世界は、水族館が導入され、当然のことながら、「宝島」、「ガリバー旅行記」は、子どもたちの詩も可能ですので、彼は、彼らが読み始める随時アップに機会を得ました、彼は引き分けを発見しました世界。
「山海景」などル・ズン、神話の魅惑的な世界に浸漬ないから、子供の頃は、時折、「水滸伝」を取得し、将来的には中国の小説の彼の研究をオープンして以来ヒュー・シ持っていました。ハードウォンは、彼らの形成期を豊かにするため、子供の頃の多くの偉大な苦難は、書籍の数のコピーを持って、彼は自分たちの生活の方向でも自分の将来のチーを作成、変更しました。
それは、これらの子供たちが一度読書環境を夢見ていた偉大な人物を提供することができます取るためにどのように多くの近代的な親をなぜ持っていないのですか?
もちろん、子供たちが一緒に本を読んで、お時間が許せば。
芝柔術世紀の伝統があるので、ヨーロッパとアメリカ社会:夜のランプ​​で家族は、いくつかの本は彼の家族を聞くためにお互いに声を出して読むことを。この習慣は、知識を共有するだけでなく、家族の気持ちを維持するための最良の方法です。私たちは中国の人々、家族はしばしば単に「生活共同体」、食べて、外に眠る、相互理解を強化するために何もない、そして心が、それはこの欠点を補うための最も自然な方法で読む習慣と一緒に読む、話すことができます。
親があります - 私はほとんど最も嫌い - 古い私の子供たちは、この本を読むことで行う「役に立つ」と学んだことを、尋ねました?
何本でも犬?確かにどのように「役立つ」それで素晴らしいものであるか、本を調理する人を教える、十分に実用的な、あなたは本当にアプリケーションを持っていない場合は、多くの「役に立たない」ととして、「役に立たない」でありますこの本は、実際には、遠大な効果を持っています。
「水滸伝」や「山海景は、」どのような使用はありますか?しかし、彼らは、現代中国の二大作家の悟り。
どのような使用詩は?本当に教育を受けた人のことですが、これは作成することで、エレガントで洗練された詩からでした。
どのような使用世界の歴史の本はありますか?しかし、子供の目と心を開くようにバインドされています。
一部の親は、英語でたくさんのお金で子供をあきらめるピアノ、高価な服を買いますが、したくないか、全体の幼年期を豊かにすることができます彼のために彼の本のいくつかのコピーを準備するために気にしないだろう、となぜですか?

我一直相信,一個中等智力的孩子,在成長期中,只要讓他有機會自由地接觸到一些有趣、益智的書,他必然會被閱讀的快樂所吸引,很自然地養成讀書的習慣。即使這習慣在成年後,因為環境或生活壓力而不能持續,早年自發閱讀所累積的文字經驗,也至少會使他成為一個在寫作表達上比較流暢自如的人。
  許多父母常常擔心孩子不讀書,或只讀漫畫、腦筋急轉彎之類的書。會這樣擔心的父母,當然,基本上仍是很關切孩子的閱讀。假如他們的孩子竟然沒能養成較認真的讀書習慣,我想問題便出在這些父母一開始就沒想到,為什麼讓漫畫一類的讀物比自己搶先一步虜獲了孩子的注意力。
  這些父母是否讓孩子在開始認了字,對文字發展出探索興趣的時候,就使他周圍有一些能引導閱讀的書?還是根本就放任自己孩子每天坐在電視機前打發時間,或跟同學去搶漫畫書、玩遊戲機?
  孩子自發地愛書的時間極短,七八歲到十二三歲之間,如果他對文字單純的好奇和喜愛,不能從唾手可得的書籍中得到啟發滿足,過了這個階段,他的心思便要被許多其他東西所吸引,他的身心會被許多成長的煩惱所佔據,父母能幫他建立的一個閱讀啟蒙,以及可能的終生讀書習慣的機會,大概也就從此失去了。
  假設你家有個小學二三年級的孩子,你可以在家裡他容易走到的地方放個小書櫃,裡頭放著有趣的童話,安徒生或格林或中國童話都可以;有比較簡易的世界歷史、地理、名人傳記、昆蟲世界、水族介紹等,當然《金銀島》、《格列佛遊記》、童詩也是可以的,讓他隨時有機會就拿起來,就開始讀,就發現了一個吸引他的世界。
  胡適幼年曾因為偶然得到的一冊《水滸傳》而開啟了他日後對中國小說的鑽研;魯迅因為一冊《山海經》,從此不能忘情於神話世界的迷人。很多偉人在艱苦的童年都曾因為得來不易的幾冊書,豐富了他們的成長期,改變了他們一生的方向甚至造就了他們未來的志業。
  現代父母不必有多少花費就可以提供孩子這些偉人曾經夢寐以求的閱讀環境,何樂不為呢?
  當然,如果你的時間容許,跟小孩一起讀讀書吧。
  歐美社會從十八九世紀以來就有一種傳統:一家人在晚間燈下,彼此朗讀一段書給家人聽。這種習慣,不僅分享知識,也是維繫家人感情的最好方式。我們中國人,一家人往往只是「生活的共同體」,吃飯睡覺外,沒有什麼增進彼此心靈瞭解的話可講,一起讀讀書的習慣正是彌補這個缺陷的最自然途徑。
  有一種父母——差不多是我最痛恨的——老在問,我的小孩學什麼才有用?讀這本書「有用」嗎?
  天底下哪有什麼書是一定「有用」的呢?即使是教人養狗或做菜的書,夠實用了,假如不真拿來應用,也是「沒有用」的,至於許多「沒有用」的書,其實倒有大用。
  《水滸傳》和《山海經》有什麼用呢?但它們啟蒙了兩位近代中國的大文學家。
  唐詩宋詞有什麼用呢?一個真正有文化的人,卻得從這個詩詞的典雅精緻中去造就。
  世界歷史叢書有什麼用呢?但它必然會開拓一個孩子的眼界和心胸。
  某些父母用大把的錢給小孩補英文、學鋼琴,買昂貴的衣服,卻捨不得或不肯費心去為他準備幾冊可以豐富他一整個童年的書,為什麼呢?

Author :黃碧瑞