Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

圧力人間

圧力と人間の生活と密接に関連しています。 1.5平方メートルの平均表面積の場合、成人、それはすべての時間を彼は15000キロ途方もない空気の圧力下にあることを意味しています。しかし、我々は非常に慣れています。このストレスを緩和する場合は逆に、組織を溶解ボディと血液ガスは、結果は悲惨なことができたというのは本当、実質的なリリースとなります。圧力についての何かが遠くから内部の空気の圧力に制限され、生体内の多くの奇妙な圧力があります。
最も身近な血圧です。血圧は、血管内血管壁の圧力側を指し、全身の血圧が、同じ医師一般大脳動脈血圧ではないが、その値は、表現の値との間の気圧差よりも大きいです。中国の成人の正常血圧の範囲は100-120 / 60〜80ミリメートルHgのです。それは言うまでもないです。それがいかに重要であるかの人々のための正常血圧。血流の欠如は、重大な結果を引き起こす可能性が最も高い脳である、血圧が低すぎる原因となります。しかし、高血圧は、また大きな損害です。心臓、血管壁にあまりにも重い負担を容易に脳出血(脳卒中)になりやすい、損傷を受けたためです。あなたは、静脈圧は何を知っていますか?体全体の静脈圧が異なっています。通常、各臓器静脈血、末梢静脈圧と呼ばれる圧力、および胸部大静脈または中心静脈圧は、右心房と呼ばれています。静脈圧を測定し、中心静脈圧は、臨床医学において特に重要であり、それは患者の注入流体の要件を導くことができます。
身体の本社 - 半密閉キャビティ内に配置脳、 - そのような一定の頭蓋内圧を維持するよう頭蓋骨の空洞、脳組織、脳脊髄液、血液、。脳の血流を調節する頭蓋内圧、脳脊髄液循環者に必須です。このような頭蓋内圧上昇を可能にする脳炎、頭蓋内出血、頭蓋内腫瘍、などのいくつかの疾患、一定の限界を超えて増加など、危険が表示されます。医学ヘルニアはしばしば言ったように、それは頭蓋内圧亢進の深刻な結果です。
目の魂と圧力として知られているウィンドウには、結合を偽造しました。目の眼の壁内のアクション内のオブジェクトは、異なる人種と若干異なる眼圧、IOPと呼ばれ、正常な視覚機能の維持である10〜21 mmHgで、私たちの通常のIOPが不可欠です。眼圧の上昇によって引き起こされるいくつかの眼科または全身性疾患、緑内障です。また、視覚障害者の深刻な病気をすることができます。
課の聴覚とバランスの臓器 - 耳、特に耳、中耳、内耳。中耳では、小型のガス充填骨空洞があり、鼓室と呼ばれる3つの小さな骨が虫眼鏡を使用する必要があり、鼓室は、音が維持するために、内耳の小骨の室とガス普及を通して人間の鼓膜、鼓膜の振動に達しています健聴。この点、鼓室内の圧力を過小評価してはならない、鼓膜への損傷を避けるために、私たちはあなたの口を開けなければならない、我々は大きな音を聞いたとき、鼓膜上のノイズの影響は、非常に暴力的であり、空気が屋根裏に耳管とすることができる、と鼓膜を維持するために外耳道圧のバランス。
重要な呼吸器肺のように張なぜ自由に縮小することができますか?強い圧力が胸それには影響しませんか?胸膜腔の周囲の肺組織中の秘密の嘘は、一定の負圧です。胸膜腔の原因は負圧室に空気を可能にする破壊閉じている場合、それは肺換気が困難な原因となりますだけでなく、肺はすぐに生命を脅かすだろう、すぐに崩壊します。
人生の意味のための腎臓が何かを言うことは必要ではありません。本当に素晴らしい補助腎ための微妙な圧力分布。腎皮質における一部、低圧システムでより高い血圧、管周囲毛細血管網に位置し、糸球体毛細血管システム。これは、すべての血漿濾過、尿からの廃棄物をより効果的に排出、栄養素のより効率的な回復を支持しています。
興味深いの圧力システム!これらよりもはるかに生体内の圧力での生活。患者は、手術などヘルニア、虫垂炎を持っていた、医師は常に咳をしないように言った、目的は、創傷治癒を促進するために、腹腔内圧の上昇を回避することです。またように筋血流ギャップ圧力とを促進することができ、左心房圧、肺動脈楔入圧が反映されています。
圧力、圧力、どこでも圧力。ストレスの多い世界に住んでいる人々。物理的に圧負荷、容易にする疲労、消耗、高応力、人々は、緊張落ち込んで作るのは簡単。しかし、圧力が存在しない、ない人生はありません。すべての面で私たちの仕事、勉強やキャリアの延長、同じ真実を持っていませんか?

壓力與人類生活是息息相關的。一個成年人如果平均體表面積為1.5平方米,那麼意味著他每時每刻都承受著1.5萬公斤的巨大空氣壓力。但是我們對此非常習慣。相反如果解除這壓力,身體內血液和組織裡溶解的氣體會大量釋放出來,那後果真不堪設想。壓力的趣談還遠不限於空氣壓力,在生命體內部,還有許多奇特的壓力。
  大家最熟悉的是血壓。血壓指的是血管內血液對血管壁的側壓力,全身各處血壓是不相同的,醫生常用的是腦動脈血壓,其數值是以高過大氣壓的數值差表示。我國成年人正常血壓範圍是100~120/60~80毫米汞柱。不言而喻。正常的血壓對於人是何等重要。血流量不足則會使血壓過低,這對腦組織最容易造成嚴重後果。但動脈血壓高時,危害也很大。這是因為心臟負擔過重,血管壁易受損,容易發生腦溢血(中風)。你瞭解靜脈血壓嗎?全身各處的靜脈壓也不同。通常將各器官靜脈的血壓稱為外周靜脈壓,而胸腔大靜脈或右心房的壓力稱為中心靜脈壓。測量靜脈壓,特別是中心靜脈壓在臨床醫學上具有重要意義,它可以指導輸液病人的液體需要量。
  人體的司令部——腦,置於一個半封閉的腔體——顱骨腔內,由腦組織、腦脊液、血液等保持著恆定的腦壓。腦壓對於調節腦內血流量,對腦脊液的循環者是至關重要的。某些疾病,如腦炎、顱內出血、顱內腫瘤等可使顱內壓增高,這種增高如超過一定限度,則會出現生命危險。像醫學上常說的腦疝,就是顱內壓增高的嚴重後果。
  被譽為心靈之窗的眼睛也與壓力結下了不解之緣。眼球內的物體作用於眼球壁的壓力稱為眼壓,眼壓隨人種不同稍有差異,我國正常人的眼壓為10~21毫米汞柱,這對維持正常視功能是不可缺少的。一些眼科或全身疾病造成眼內壓增高,即為青光眼。這種疾病嚴重時亦能對人致盲。
  司聽覺和平衡的器官——耳,分外耳、中耳、內耳。在中耳內,有一個充滿氣體的骨性小腔,稱鼓室,鼓室內有三塊需要用放大鏡觀察的小骨,聲音傳到人的鼓膜,鼓膜振動經過室內的小骨與氣體傳至內耳,以維持聽覺的正常。絕對不可小看鼓室內的這點氣壓,當我們聽到巨響時,聲浪對鼓膜的衝擊十分猛烈,為了避免鼓膜損傷,我們應張開口,空氣可經咽鼓管而進入鼓室,以維持鼓室與外耳道氣壓的平衡。
  作為重要的呼吸器官的肺為什麼能張縮自如?難道強大的氣壓對胸廓沒有影響嗎?秘密就在於處於肺組織周圍的胸膜腔是恆定的負壓。如果導致胸膜腔密閉性破壞而使空氣進入負壓腔內,不僅會造成肺通氣困難,而且肺組織會立即塌陷,很快就會危及生命。
  腎臟對於生命的意義是無需多言了。而微妙的壓力分佈對於輔助腎功能真令人歎為觀止。在腎臟皮質部分,腎小球毛細血管位於較高血壓系統,腎小管周圍的毛細血管網處於一個低壓系統。這一切都利於血漿濾過,更有效地從尿液排泄廢物,更有效地回收營養成分。
  多麼有趣的壓力系統!生命體內的壓力遠遠不止上述這些。對剛做過疝氣、闌尾炎等手術的病人,醫生總是叮囑不要咳嗽,目的是避免增加腹腔內壓力,以利於手術切口癒合。此外還有反映左心房壓力的肺動脈楔嵌壓,可促進血液流動的肌肉間隙壓等等。
  壓力,壓力,無處不有壓力。人就生活在一個充滿壓力的世界裡。超負荷的體力上的壓力,易使人疲勞、衰竭;高度的精神壓力,易使人緊張、沮喪。但是,沒有壓力,也就沒有生命。引伸到我們的工作、學習和事業各方面,不是具有同樣的道理嗎?
Author :王哲夫