Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

change your life

あなたは偉大なまたは少し普通の人であってもよく、あなたの人生は、道路を滑らかに、または多くの浮き沈みを経験してきてもよいです。しかし、任意の時間は、あなたが自分の責任を忘れることができない、我々は適切に自分自身を治療する必要があります

他の人に光

「ブラインドランタンは、」これは冗談で、物事を行うための余分なものを完全に役に立たない脳を、やりたい人を指します。最近、私は友人からの新しい解釈を得ました。
友人がそう言った:いつも明るい提灯を運んで夜間に歩く盲目の人、彼の手があり、他の人は非常に好奇心を見て、彼に尋ねた:「提灯が歩いて、なぜあなたは、自分自身を見ることができませんか? "
理由は単純ですが、私は自分の道を照らすランタンないけど、他の人が簡単に私を見てみましょう、誤って私にヒットしない」ので、あなたは自分自身の安全だけでなく、同等の助けを保護することができます:その盲人は喜んで言いました自分自身。 "
私は、Jiehuaxianfoを友人の車を取る、その後、再び彼の物語で、この物語を共有するために一度。友人は非常に独自の実践的な経験を通して確証され、同意し、耳を傾けました。
第二に、それは面倒が開か必要がないことを見つけて、1日に迎えられるためにのみ閉じられ、悪いわけではないの光が、長くはない、常にトンネルに光を駆動好きではない私はトンネルを通って駆動するために使用される」:彼は言いました。トラックはほとんど殺され、正を打つ。後、私は車のライトに目が覚めたトンネルを経由し車は、他の光に暗いからであるので、他の方を見ている、視覚的な調整はしかし、避けられない、追加します車がライトをオンにしません渡っに、それはあまりにも危険です......」
あなたはどこへ行く、から来て、どこに行った世界の友人は、道路上の生命は長く、孤独で危険な歩きする方法を、常に起こり、誰もが知っています。
あなたは、他人のために道路によると、ランタンのブラインドを学ぶことができた場合だけでなく、自分自身を照明します。助け、他人の世話をする時間までの時間から、彼らはいわゆる音楽は良いですが、あなたが得るのを助けることを意味するように、これはあります。

「盲人提燈籠」本是一則笑話,指一個人做事沒用大腦想,儘是做些多此一舉的事。最近我從朋友那兒得到新詮釋。
  這位朋友是這麼說的:有一個盲人在夜晚走路時,手裡總是提著一個明亮的燈籠,別人看了很好奇,就問他:「你自己看不見,為什麼還要提燈籠走路?」
  那盲人滿心歡喜地說:「這個道理很簡單,我提燈籠並不是為自己照路,而是讓別人容易看到我,不會誤撞到我,這樣就可保護自己的安全,也等於幫助自己。」
  有一次,我搭朋友的車,就借花獻佛,再將這則故事敘述一遍與他分享。朋友聽後,頗有同感,又以自己的實際經驗加以佐證。
  他說:「以前我開車經過隧道,總是不喜歡開車燈。一來隧道不長,裡面光線還不差;二來嫌麻煩,認為實在沒有必要開開關關。不料有一天被迎面而來的大卡車撞了個正著,險些命喪黃泉。後來我才覺悟到,開車燈是給對方看的,因為車子經過隧道,對方是從亮處進入暗處,視覺難免調整不過來,加上對面來車不開燈,那實在太危險了……」
  世上的朋友,在漫漫的人生道路上,自己走路是多麼孤寂與危險,旦夕禍福,沒有人知道你從何處來,又往何處去。
  假如能學學提燈籠的盲人,為別人照路,也照亮自己。時時幫助和關懷別人,別人也就幫得到你,所謂為善至樂就是這個意思吧。Provenance :深圳晚報